ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。
ひよっこ畑にあそびにきてね(^_-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルバーブキーウイジャム

IMAG0368_convert_20150719111850.jpg
2年目のルバーブの葉は、どんどん広がっていく。

IMAG0371_convert_20150719115800.jpg

この葉っぱ何に使えるかなあ?
風呂敷、お皿、画用紙、うちわ、穴をあけてお面、トイレットペーパー・・・

IMAG0374_convert_20150719114446.jpg

こんな風に持つと日傘や雨傘にもなるよね。


茎は、おうちで適当に切って
IMAG0376_convert_20150719112101.jpg

鍋に茎を入れ砂糖(茎の40%ぐらい)、レモン果汁、白ワイン(なくてOK)を混ぜて
このまま水分が出るまで約30分置きます。

キーウイと混ぜて
IMAG0380_convert_20150719112554.jpg
鍋にの字が書けるくらいまで
あくを取りながら煮つめます。

IMAG0383_convert_20150719111343.jpg

あまずっぱい夏にはうれしいジャムのできあがり
IMAG0564_convert_20150719125205.jpg
スポンサーサイト
[ 2015/07/19 13:06 ] 食べ物 | TB(0) | CM(0)

ちょっと京都へ

中学、高校時代の修学旅行は、どちらとも京都、奈良行きでした。

今は、阪急電車に乗れば、30分ほどで京都には到着するところに住んでいます。
行きたい時に行くことができます。

一緒に行くお友だちがいれば
またもや修学旅行気分です



着いて、まずはお食事

IMAG0327_convert_20150531033349.jpg

四条河原町からちょっと歩いた木屋町にある

志る幸

IMAG0325_convert_20150531034139.jpg

「しるこう」のいわれ
「汁講」・・・昔、質素を旨とした時代に客は各自に飯を持寄り、会主は汁だけ設けて饗応しました。
これは、平安中期 藤原氏の盛時に行われた「羹次(あつものつい)」の遺風と言われています。
もてなしの気持ちを、ただ一杯の汁に込めた日本古来の美風こそ「志る幸」の心です。

志る幸のしおりより抜粋

IMAG0329_convert_20150531222701.jpg

高瀬川沿いに木屋町通りを3条通りに向かって上がっていきますと

IMAG0330_convert_20150531222826.jpg

IMAG0335_convert_20150601000207.jpg

元・立誠小学校建物(昭和2年建築)の中は、立誠シネマがあり
映画も上映されているようです。

IMAG0343_convert_20150614154732.jpg


高瀬川は、江戸時代初期に角倉了以によって開削された人工運河で
京と伏見、大阪を繋ぐ重要な水運ルートだったようです。

またこのあたりは、幕末の頃、坂本龍馬をはじめとする地方から来た
血気盛んな若き志士たちが、住んだところ。

IMAG0345_convert_20150614153101.jpg


IMAG0342_convert_20150614150937.jpg

3条通りに出て少し鴨川の方に歩いた?ところで 
そろそろおなかが空いてきたかな?
みんな何を覗いているの?
 
IMAG0351_convert_20150614151608.jpg

美味しそうなお饅頭?おはぎ?

IMAG0350_convert_20150614151510.jpg

美味しそうな・・・綺麗な・・・たわし!!

IMAG0354_convert_20150614151706.jpg

IMAG0355_convert_20150614151744.jpg

3条大橋のたもとのお店、船はしや

IMAG0357_convert_20150614151909.jpg

ここでとってかえして
御池通りに出て京都市役所前へ

IMAG0359_convert_20150614163054.jpg

市役所前を通りすぎて
すぐ寺町通りを下ルと左手に

IMAG0360_convert_20150614152113.jpg

あとは、錦市場でお買い物

IMAG0362_convert_20150614152316.jpg

IMAG0364_convert_20150614164828.jpg
[ 2015/05/23 22:03 ] 小旅行 | TB(0) | CM(2)

長浜

彦根のお友だちのお家に宿泊
修学旅行気分。

あくる日は、車で長浜へ
生憎のどんよりお空に琵琶湖も空との境目がわからなくなって
ほんとうに広い海。

長浜は、曳山祭りの真っ只中で
今日から子ども歌舞伎が、始まるらしい。
雨が降らないと良いのになあ。
夕方に始まるので見ることができないけれど
曳山博物館では、子ども歌舞伎の映像なども見ることができました。

IMAG0174_convert_20150531003727.jpg

今から400年以上前のころ
秀吉が、後継ぎの男の子が誕生したのを喜んで
お祝いの砂金を振舞った。
曳山まつりは、町衆がそれをもとに曳山を作り長浜八幡宮の祭礼に曳き回したのが始まりと言われているらしいですよ。


長浜名物 茂美志屋のっぺいうどん
あんかけの中には、

IMAG0165_convert_20150531021245.jpg
IMAG0166_convert_20150531022959.jpg

IMAG0167_convert_20150531021416.jpg

[ 2015/04/20 23:48 ] 小旅行 | TB(0) | CM(0)

彦根城

お友だちご夫婦のお招きで彦根にやってきました。

12時半に彦根城にひこにゃんが現れるというので
急いでお城へ
 
IMAG0044_convert_20150421234911.jpg

ひこにゃんは、人気者で近づくことはできません!
千葉のフナッシーと違って音無しい・・・


IMAG0050_BURST001_convert_20150422001043.jpg



さてゆっくりとお城を見学しましょう。

IMAG0075_BURST002_COVER_convert_20150510000527.jpg

4月12日ですが、まだ桜の花が散ってしまわずに出迎えてくれました。

IMAG0093_convert_20150510001633.jpg

花びら模様も美しい!

IMAG0098_convert_20150510002054.jpg

IMAG0105_convert_20150510002605.jpg

春を満喫して
やっぱり締めくくりはこれ
花よりソフトクリーム

IMAG0135_convert_20150510004539.jpg
[ 2015/04/20 23:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

くりとの出会い

新しい家族です。

IMAG0228_convert_20150418232553.jpg

名前はくりと言います。
2歳8か月の男の子。

IMAG0217_convert_20150418234243.jpg

ひょんなことからひよっこのお家にやってきました。

数日前、出かけしようと外に出ますと
女の子が二人、ダックスを連れて家の前を通り過ぎて行きました。
曲がり角まで行ったところでまたこちらのほうに戻ってきました。

女の子たちが何か言いたそうでしたので
「どうしたの?」と聞きますと
飼い主のおじさんを探しているというのです。

おじさんは、「この犬はもう家で飼えないので
捨てるかペットショップへ持っていくことになるかもしれない。」と言っていたのだそうです。

その時、初めてよくわんちゃんの顔を見たのですが
なんとくりそっくり!


少しして、おじさんが犬を探してやってきました。
話をよく聞きますと
「家の子どもが、犬の毛のアレルギーだということがわかって
もう家で飼えなくなってしまった。」とおっしゃいます。

ジャックという名のわんちゃんが、くりという名に変わってしまったのは
そんなことがあった日の次の日ことです。
どうしてもくりと呼んでしまうのでしかたないです。

たくましく生きてくれますように!



[ 2015/04/19 00:39 ] | TB(0) | CM(4)

ロマネスコ

DSC_0105_convert_20150322231707.jpg



美しいロマネスコ。

古代の教会堂建築にある半円形のアーチ。

そこから取った名前かしら?

イタリアのローマで作られ食べられてきた野菜でカリフラワーの仲間らしいけれど

ロマネスコのほうが、古くからあって

ロマネスコからブロッコリーやカリフラワーが出てきたという話もあります。

DSC_0106_convert_20150322232951.jpg



それにしてもどうしてこんな野菜ができたのかと不思議に思います。

食べないで芸術作品のようにしばらく飾っておきたいのですが

やはり新鮮なうちが美味しいでしょうから

しばらく愛でた後、お料理にします。

DSC_0113_convert_20150322233340.jpg


[ 2015/03/22 23:45 ] | TB(0) | CM(2)

おすそわけ

雨が降り続いた日の翌日

畑に行くと鳥たちが、いっせいに飛び立ちます。

そんなに逃げなくても良いのに

あっという間にいなくなってしまいます。

DSC_0123_convert_20150322223930.jpg

ブロッコリーの葉っぱは、ほとんど残っていません。

美味しいのでしょうね。

白菜もホウレンソウもごちそうですね。

鳥たちにも少しおすそわけしましょう。

でもキャベツの新芽だけは、食べてしまわないでね。








[ 2015/03/22 23:09 ] | TB(0) | CM(0)

ゆき帽子

まだ凍る道を滑りそうになりながら、畑まで歩いて行きました。


まあ素敵なお帽子!
DSCF6096.jpg


DSCF6063.jpg

みんな真っ白なお揃い帽子。

DSCF6107.jpg

DSCF6105.jpg

DSCF6097.jpg

DSCF6109.jpg

DSCF6090.jpg
DSCF6089.jpg

DSCF6088.jpg

やっと畑に続く畦道にたどりつきました。
DSCF6072.jpg

野菜たちもみんなお揃い帽子を目深にかぶっていて

DSCF6074.jpg

だれかしら?
DSCF6083.jpg

DSCF6075.jpg

ここは、だあれ?
DSCF6079.jpg


                                                        2015 1/2 早朝
[ 2015/01/05 23:53 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

雪だるまつくろう

初詣から、もう日も沈むころに高槻に帰ってきましたら

雪が、積もっているのですもの!

しばらく雪が、周りを明るく照らしてくれてるようでした。

オラフが我が家にもやってきました。

DSCF6059.jpg

お隣のお家のおともだち

DSCF6054.jpg

お迎えのお家のおともだち

DSCF6057.jpg


[ 2015/01/04 23:44 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

あけましておめでとうございます

あけまして おめでとう ございます

昨年中は、ひよっこペースにお付き合いくださってほんとうにありがとうございますm(__)m
今年もよちよち歩きですが、一歩一歩
迷ってうろちょろしているひよっこをみつけたら声かけてくださいね。



毎年、地元の氏神さまのところに初詣に行くのですが
昨年から娘の運転で遠出の初詣もするようになりました。

昨年は比叡山延暦寺根本中堂 へ
ここでは、願いを込めて思いっきり鐘をついた姿を写真に撮られて
笑われてしまいました。

今年は、高野山の行こうかと言っていたのですが
寒気がやってきて雪が降るという予報に急きょ変更。
西宮神社(西宮のえべっさん) に行くことになりました。
ここは、日本に約3500社あるえびす神社総本社。
十日えびすの時に福男選びをすることでも有名ですね。


着いてみると時々小雪が降る嵐のような天候にもかかわらず
大勢の人で賑わっていました。
強風で飛ばされそうな屋台の中から
クロワッサンたい焼き というのをみつけて
やっぱり今年も食い気が先になりそうです。


DSC_0050_convert_20150103033559.jpg

これがとっても美味しくて!
今年は、良い一年になりそうだと思ったひよっこです。

めでたいめでたい


皆さまにとりましても佳き一年になりますように!
地球の上で心温まるできごとの多い一年になりますように!





[ 2015/01/03 02:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ヘッチマー

畑でこんなものが、採れました

DSCF5999_convert_20141128220037.jpg





食べられる?
食べられるわけないよね

DSCF5998_convert_20141128225135.jpg

いつのまにかこんなにたくさん!

食べられそうにないけれど、
ひよっこは、この夏これをいっぱい食べたのですよ
おお!なんという歯!なんという胃袋!


うふふ、実は
これがあかちゃんのときは、こんなにすべすべした柔肌なのよ
DSCF5962_convert_20141128231333.jpg

それにひと皮むけば、色白
食べごろは、20㎝ぐらいに成長したぴちぴち肌の頃。
DSCF5742_convert_20141130232615.jpg

これぐらいから、もうちょっとふくよかになった頃かしら。

湯がいて酢の物、麻婆ヘチッマーやヘッチマー入りみそ汁、海老と一緒にピリ辛炒め
ぴちぴち皮なら、なまでそのままスライスして
いろんなドレッシングや胡麻醤油など付けて食べてみたり
そうそう、沖縄では、ナーベラー・ンブシーという味噌味の炒め物がおなじみらしいですよ。

いつもと違う一品を楽しめますので
ヘッチマーをみつけたら束子にだけにしてしまわないでね。

DSCF5972_convert_20141202223107.jpg
 
じゅうぶんヘッチマー料理を楽しみましたら
ヘッチマーの根元から30~50㎝のところを切って
根元側の先を2ℓぐらいのペットボトルなどに挿しこんでおきます。
1日であふれるぐらいのヘッチマー水がとれますので
煮沸して冷蔵庫に保存しておいて、ヘッチマー化粧水を作ってみてはどうでしょう。

ヘッチマーに負けないぐらいのお肌になると良いのになあ




ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 野菜づくり

[ 2014/11/30 23:46 ] | TB(0) | CM(2)

阿蘇で出会った可愛い牛さん

お~~い、牛さ~ん!
DSCF5470_convert_20140818213325.jpg

ずっとおいしそうに草を食べてるけど
DSCF5483_convert_20141101234827.jpg

ちょっとわたしとおはなししましょうよ。
DSCF5477_convert_20141102002253.jpg

ねえねえ、ちょっとだけね。
DSCF5475_convert_20141102001804.jpg

も~う、なんだよー。
DSCF5486_convert_20140818214224.jpg


[ 2014/11/02 12:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

鴨さんかもん

今日は、池のあたりがいやに賑やか!

珍しいお客さんが、3羽もいるではありませんか!!

池の中を突っついては、おいしいものを探しているようです。
採れたばかりの無花果をあげますと
あっというまに食べてしまいました。

DSCF5780_convert_20140929105426.jpg

あれっ、池から上がって
ひよっこ畑の方へ向っていくではありませんか!

DSCF5818_convert_20140929114223.jpg


DSCF5809_convert_20140916235711.jpg
おしりをふりふりどこ行くの?

DSCF5823_convert_20140929121733.jpg

ひよっこ畑へようこそ!

ガーデンハックルベリーの実をひろって食べて

DSCF5833_convert_20140929115613.jpg

DSCF5842_convert_20140916235338.jpg



それにしてもなんと美しいこと!

DSCF5825_convert_20140929110400.jpg

それにまるまると良く太っていること!

畑には、ねぎがあるし・・・
鴨さんたち鴨鍋にならないように気をつけてね

DSCF5817_convert_20140929130743.jpg

[ 2014/09/29 13:06 ] | TB(0) | CM(2)

旅のつづき

さてこれは何でしょう?
むこうの煙と手前に堆く盛られたもの。

DSCF5433_convert_20140817021816.jpg

これをずーっと離れたところから見てみましょう。
ほらあの水たまりのちょっと左のところ・・・

IMG_0130_convert_20140903214935.jpg

向うの山(烏帽子岳)と手前の草千里ヶ浜は、約3万年前の火山活動でできた地形らしいです。
この広々とした草千里は昔の火口。

この昔の火口の真上に立ってきたのですが・・・

これではわかりませんよね。




IMG_0146_convert_20140903230646.jpg
実は、ここ草千里でお仕事をしている
お馬さんのの山だったのですよ。

阿蘇山のお山の上には
お馬さんの山がたくさんあるのです。

だからね。
雄大な景色を見ながら
一緒にちゃんと山も見ておかないとたいへん!


遠くに見えた煙は、もうおわかりでしょう。


IMG_0171_convert_20140907104830.jpg
阿蘇山の噴煙だったのです。

「あっ、そう」なんて言わないでね。

まるで地球が、白い卵の腐ったような息を吐き出しながら
呼吸をしているようでした。

DSCF5416_convert_20140907112131.jpg


ここで眠っている地球を起こしてはたいへん!

ちょっとたいへんつづきのおへその上でした。





[ 2014/09/07 11:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

急な○○旅行

娘が、「お休みがやっと3日だけとれるので
旅行に行ってこようかな。」というので
思いがけず、わたしも一緒について行くことになったのですよ。

さあ、どこに行ってきたのでしょう?
当ててくださいね。
でもごめんなさい、当たってもお土産も何もありません。

DSCF5348_convert_20140825002314.jpg
これは、娘ではありません。
黍団子がほしくて
わたしは、おともになってついて行ったのではありませんよ。

DSCF5352_convert_20140824234554.jpg

この橋の下のトンネルを歩いて向うまで行くと
難関を突破できるとかだれかが言っていました。


DSCF5360_convert_20140825003251.jpg
ここは、中国からの観光客が大勢いて
日本じゃないようでした。

DSCF5735_convert_20140901233111.jpg
こんなおみくじをひいたら末吉。

DSCF5379_convert_20140831065301.jpg
目的地まであと少しのところで
旅の疲れをとる。(まだ旅は始まったところなのにね。)
○○温泉。

DSCF5388_convert_20140901230515.jpg
あとは目的地に向かってレッツゴー


木が1本もない低い草に覆われた山。
その昔、神さまがお米を積み上げてできたといわれるお山だという。
DSCF5398_convert_20140902000010.jpg


振り返って後ろを見れば
DSCF5404_convert_20140902000538.jpg


おわかりになられましたでしょう!
ほんとうに九州のおへそのような○○山を
一度拝んでおこうとやってきたのですよ。

IMG_0124_convert_20140901231913.jpg
お山を抱きかかえて

DSCF5457_convert_20140902001432.jpg















[ 2014/08/31 23:54 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

もろこし兄弟

とうもろこしは、アワノメイガに襲われる前に
すくすく成長しました。


DSCF5086_convert_20140719214830.jpg

DSCF5095_convert_20140723215006.jpg

そっくりもろこし兄弟
[ 2014/07/20 21:34 ] | TB(0) | CM(2)

宇治川の鵜飼

鵜飼を見に行かないですか?
九州から出てくるお友だちのお誘いです。

鵜飼と聞いて、てっきり長良川の鵜飼のことだと思いました。
一日で行って見て帰ってこれるのかなあ・・・・?


ところが鵜飼は全国あちこちで行われているのですね。
お誘いの場所は、京都宇治川の鵜飼でして
なんと家から1時間もかからないところ。

宇治といえば世界遺産の平等院があります。
おまけに抹茶パフェが食べられると聞いて
大喜びのひよっこです。

DSCF5153_convert_20140717163549.jpg

久々に拝む平等院鳳凰堂。
中堂・両翼廊の修理は終了していますが、尾廊の修理は平成26年9月30日まで続く予定だそうです。
鳳凰堂内部の拝観は、今年4月より再開されています。


DSCF5166_convert_20140717164134.jpg

平等院は、戦後間もない昭和25年に修理され、その時には、外観を赤色の顔料、鉛丹で塗り直されたそうです。
鉛丹は、酸素を遮断する性質から船底にも使われているらしいですが
ところがよく顔料を分析したところ、元の色は鉛丹でなく丹土(につち)だったため、平安時代の姿そのものを再現し、今回は丹土を用いたそうです。
丹土は酸化鉄に黄土を混ぜた色で、同じ赤でも鉛丹よりも落ち着いた色調。

触らないでくださいよ!
触ると色がついて取れなくなりますよ!
何度も案内の方に注意されました。

鷺さんも気を付けてね



この舟が、今日の鵜飼の舟のようです。
乗っているのは、アオサギさんではありませんか!!
あなたが今日の鵜匠???
DSCF5202_convert_20140717011136.jpg



いえいえ、宇治には、3名の鵜匠さんがいて、内2人が女性だそうです。
鵜たちは、追い綱(鵜をつなぐ紐)を通じて彼女たちとも温かくつながっているようです。
DSCF5236_convert_20140717225154.jpg


鵜ののどには紐が巻かれ、ある大きさ以上の鮎は完全に飲み込むことができなくなります。鵜匠はそれを吐き出させて漁獲とします。紐の巻き加減によって漁獲する鮎の大きさを決め、それより小さい鮎は鵜の胃に入っていきます。
それに鵜さんにも性格がありますので首に巻く紐の強さも加減したりするそうです。

DSCF5210_convert_20140717234607.jpg
鴨さんも見学?
鴨さんもやってみたいのかも。


ところでここで問題です。
鵜さんは、鮎のほかにも鮒やいろんな魚を食べます。
あの外来魚のブラックバスまでもね。
でも一つだけ食べないお魚がいますそれは何というお魚でしょう?


DSCF5257_convert_20140717224045.jpg
鵜飼いでは、かがり火が、照明のほかに鮎を驚かせる役割を担っているらしいです。
かがり火の光に驚き、動きが活発になった鮎。その鱗が、かがり火の光に反射することで鵜に捕えられやすくなるそうです。

DSCF5279_convert_20140718002622.jpg
よく見ればまだアオサギさんも見学中です。
暗くなってるのにお家に帰らなくて大丈夫?



鵜飼の最後、今日の鵜さんの収穫のおすそわけをいただくアオサギさんの姿がありました。
鵜さん、今日はありがとう!!

最後に問題の答えです。
答え うなぎ
(鵜が呑み込むのに難儀したから、うなぎと言われるようになったとか)
[ 2014/07/18 01:03 ] 地域情報 | TB(0) | CM(2)

ひよっこ畑から

梅雨も明日からしばらく中休み のようです。

DSCF5069_convert_20140614161341.jpg




幸いなことに
恵みの雨となり
たくさんのいきものたちが
生まれ集まり

ひよっこ畑は、とっても賑やかになってきました。
雨上がりに畑を訪れると
畑はいつも様変わり。
不思議のひよっこ畑となっています。

ついこの間まであかちゃんのようだったとうもろこし
すくすく育って
青いひげを生やした成年になって
今ではわたしを見下ろしています。

DSCF5066_convert_20140614161722.jpg


とうもろこしが大好きなわたしですが
わたしよりもっと好きそうななかまがいっぱいいますので
困ったものです。
その一人に粟野芽衣さん。

いえいえ、 アワノメイガという虫さんなんですが
とうもろこしの中に入り込んでいないかと気になります。
この虫さんに住まれてしまったら
家財一切合切持っていかれてしまったようなもの。

この間、覗き込んだときには、蜘蛛さんが2匹住んでくれていましたので
ほっとひと安心。
でも油断できないのですよ。



夏野菜が採れはじめましたけれど
春キャベツがまだどかんどかんと畑に居座っています。

DSCF5059_convert_20140614034753.jpg



じゃがいも
も梅雨前に収穫したかったのですが
まだ茎も葉っぱも元気でしたので
掘り出さずにそのまま。
そしたらじゃがいもの横から菊芋の芽も出てきてどんどん育ってきました。
じゃが菊芋が出てこないかなあなんて思ってみたり

あちこちからいろんな芽が出てきますので
あれ、あなたはどなたでしたかしら?と話しかけています。

そうそう紫蘇ガーデンハックルベリーは、逞しくってあちこちから芽を出します。
ひよっこ畑は、紫蘇とハックルベリーにのっとられそう

DSCF5065_convert_20140614162120.jpg


このへんで今日のひよっこ畑のおはなしはおしまい。






DSCF5062_convert_20140614032343.jpg
畑からやってきたキャベツさんは、刻まれてお好み焼きになりました。

DSCF4953_convert_20140614033710.jpg DSCF4956_convert_20140614034317.jpg












[ 2014/06/14 16:30 ] | TB(0) | CM(2)

新しいパソコンから

やっとブログを始めることができました。

随分、時間がかかりました。

みなさんお元気でいらっしゃいましたでしょうか?



去年、6月ごろ、愛犬くりの具合が悪くなり
7月4日に亡くなりました。
それと同じごろに父が入院し
毎日、看病に出かけることになりました。

父は、なんども持ち直したのですが
もうお疲れさまということだったのでしょうね。
ついに12月にお迎えがきました。



いろんなことがいっぺんにやってきて
なにもブログに書くことができなくて
見てくださっている方々に失礼なことをしてしまいました。
ごめんなさいね。

いろんなことのもう一つに
わたしのお気に入りのパソコンが突然動かくなくなったこともあります。
修理に出したのですが
もうだめだと言われました。


なんだか悲しいことが一度にやってきたようでした。



でもそんなに悲しいことばかりは続きません。
それに悲しんでばかりはいられません。
以前とはちょっと違うけれど、新しい毎日が始まっています。

少しずつですけれども

ひよっこのおはなしをまた聞いてもらえればうれしいです。





DSCF1032_convert_20140511022238.jpg

この間まで一面に咲いていたレンゲの花が
いつの間にかすっかりなくなって
いよいよ田植の季節がやってきたようです。

ひよっこにとっては、いきものたちといっぱい触れ合うことができる
うれしい季節の到来なのですよ。











[ 2014/05/10 11:39 ] 出来事 | TB(0) | CM(6)

ぴいちゃん

小雨の降る日にぴいちゃんに出会いました。



買い物から帰ってきて
2輪車の籠から荷物を出し入れしているときに
籠の中に落ちてきたのがぴいちゃんなのです。

DSCF4689_convert_20130622152404.jpg

さっきはいなかったのにどこからきたの?




そういえば、家の前の電線にこんな筒があって
最近、すずめが出入りしているのを知っていました。


DSCF4684_convert_20130622153415.jpg

あそこから落ちたんだ!
ちょっと早く飛び出したみたいね。
まだ思うように飛べないので籠から飛び出したのは良いけど

地面をぴょんぴょん

DSCF4691_convert_20130622154640.jpg


アッ あぶない!!
道路に出て車にひかれそうになったので

家の2階に連れてきて
ちょっと窓を開けておいてあげることにしました。
このあたりは、のらちゃんがうろちょろしているので心配でもあります。

雨脚が、強くなってきました。
今までの晴天続きから
打って変わって、今日からしばらく雨が続くらしいのです。
雨乞いが効いたようです



しばらくご飯を食べないかあげてみたりしたのですが
お口を開けてくれなくて
しっかり飛べるようになるまで待つしかないなあと思いました。

DSCF4695_convert_20130622152612.jpg

時々ようすを見に行っては、飛ぶ練習


DSCF4696_convert_20130622152947.jpg


「ちゅん ちゅん ちゅん ちゅん」


でもおかあさんを呼ぶ声は
今は、激しい雨音で聞こえないでしょう。

ぴいちゃんをそのままおいて・・・・


もう薄暗くなったころ
鳴き声が聞こえてないなあとようすを見に行ってみました。
2階のあちこちをさがしたけれどいません。
雨の中、飛び出したのですね。
ちょっと心配でしたけれど自分の力で羽ばたいたのだなあと
うれしく思いました。


それがね。
次の日のお昼に裏庭から、ちゅんちゅん、また声がするので見に行ってみると
裏庭の塀の上で鳴いているのをみつけました。
わたしが、「チュッチュッチュッチュッ、チュチュチュ ぴいちゃん」呼ぶとこっちをみていました。

DSCF4698_convert_20130622153107.jpg

おかあさんがやってきて餌をやっているようでした。

DSCF4699_convert_20130622153223.jpg


一日雨でその塀のあたりでずっと鳴いていましたが
そのまま暗くなったので
今日はそこでおねんねしているのかな?
でもそこは、のらねこの通り道なので心配です。

また次の日も裏庭あたりでちゅんちゅん
おかあさんにおねだりしている声が聞こえていました。

そして今日、ぴいちゃんらしい姿を近くのお屋根の
テレビアンテナの上でみかけたのですよ。

[ 2013/06/22 17:06 ] | TB(0) | CM(6)

くり日記

5月10日で12歳になった くり

お祝いは、ドッグフードじゃなくて
いつもは食べられない分厚い
お肉 大好きなヨーグルト



いつもとは違うのはなぜ?
DSCF4652_convert_20130615225539.jpg

おいしかったなあ!DSCF4658_convert_20130615231509.jpg

もうちょっとのこってるかなあ?DSCF4659_convert_20130615233233.jpg



わあ!!くりの影が歩きだした!
DSCF4669_convert_20130615222822.jpg
いえ、これはくりそっくりカーペットのプレゼント


これぼくにくれるのだって!DSCF4664_convert_20130615234906.jpg

すわりここちもいいよ。
DSCF4665_convert_20130616001511.jpg

ねむくなってきたなあ~
DSCF4666_conてvert_20130616000333.jpg




今年の5月は、真夏日もあったりして暑過ぎだった。

でも5月28日に早くも梅雨入りして
29、30日と雨が降り
農作物も元気よく育ってくれるぞと喜んだのも束の間

それから雨は降らなかった。

大阪は、すでに猛暑日2日、真夏日10日。

くりが、6月の始め頃から、じゃれて遊んだ後に時々、えずくようになった。


でも吐きもしないし
他に変わったようすもないので
ようすをみていたのだけれど
やっぱり病院に連れて行った方が良いかなあと思い出した。
もしかして、また変なものを食べてしまっていたら・・・


このあいだ庭のもっこうばらに骨粉をあげたら
側にいたくりが横取りして食べようとした。


息子が、「耳栓、無くなったけど知らない?」って言っていた。

散歩の時、くりのうんちの中に鮮明な橙色の塊があって
なんだろう?
こんな色のものを食べさせてないのになあと良く見るとこんなところから出てきた!


娘が、「チョコレート誰が食べたのー?!!」とわめいていた。

娘の大好きなチョコレートだって
テーブルの上に置いてあったのに箱を破って食べられた!



くりは、くいしんぼうでやんちゃぼうず。



5月のリサイクルごみの日、牛乳パックを切ってひろげていたら
そこへボールをもって飛び込んできた。
037_convert_20130616195746.jpg

いたずらぼうずのくりくりぼうず!
040_convert_20130616205601.jpg

047_convert_20130617221633.jpg

ねむいよ~
牛乳パックのおふとんです。
059_convert_20130617221430.jpg

064_convert_20130617222059.jpg

さて話を元に戻します。

病院に行ってレントゲンを撮ったりして獣医さんにみてもらいました。
なにも異常がないので
気管支炎と言う可能性もあるかもとお薬をいただいて帰ってきました。


でもそのお薬も利かないで

くいしんぼうのやんちゃぼうずどころか

食欲もなく遊ぶ元気もないようすになってきましたので
これはもう一大事!ともう一度病院に行ってみてもらいました。

こんどは血液検査
でも悪いところはありません。

いつものドッグフードやキャベツ、トマトは食べないけれど
ヨーグルトだけは、食べてくれます。

どうもくりも人間と同じようにこの暑さのために
夏バテして弱っていたようです。


処方していただいて
くいしんぼうのやんちゃぼうずのくりにもどってきました。




ジャンル : ペット
テーマ : 犬との生活

[ 2013/06/17 23:42 ] | TB(0) | CM(2)

5月のひよっこ畑から

毎年、5月になると

去年の種から育ったキンセンカが

咲き始め

5月いっぱい畑の真ん中で

お出迎えしてくれる。

PAP_0249_convert_20130530205741.jpg

まわりにも小さないろんな花たちが咲いてにぎやかになっていく。


えんどう豆の花も仲間入り。

PAP_0251_convert_20130530213651.jpg

きれいでしょ。

PAP_0250_convert_20130530220004.jpg

でもこのお花は、切り花にしてしまってはいけない。

5月半ばになると

たくさんのえんどう豆やスナックえんどうがとれますからね。


どれどれ?
PAP_0261_convert_20130530232641.jpg

いちばん最初に味見できるのは
毎年くりなのです。
PAP_0260_convert_20130530233548.jpg
まってまって!
皮むいてあげるからね。



今年は、サラダ菜やイタリアンパセリ、ラディシュが

良く育っていますから

収穫したばかりの玉ねぎといっしょに毎日のように

いろんなサラダを楽しんでいます。


PAP_0257_convert_20130530234212.jpg


ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 野菜づくり

[ 2013/05/30 23:48 ] | TB(0) | CM(2)

久しぶりです

5月の良い季節のはずだったのですが

五月病になってしまった・・・

いえ違います。

父が突然、救急車で運ばれてから

病院通いと実家通いが続いていて

ブログとは遠ざかっていました。


おかげさまで2度目の検査結果も命に差し迫るものではなく

ほっとひと安心


父も数えで90歳です。

とは言え、今まで大病もせず、頭もしっかりしていましたものですから

急な出来事でびっくりしてしましました。




ところでつい先日、80歳三浦雄一郎さんが、

エベレスト登頂に成功されました!

父がそのニュースを見て「すごいなあ!!」と唸っていました。




入院しただけで足腰が弱ると言われています。

歳とともに弱ってきた足を持て余すようになってきた上に

今回の入院ですから、どうなることかと思っていたのですが・・・

なんだかちょっとこのニュースに力をもらったかもしれません。




実家通いが続くと思いますので

ブログの更新は以前にも輪をかけて

のんびりペースになりますが

時々のぞいてみてくださいね







[ 2013/05/30 14:36 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

映画 「舟を編む」


「舟を編む」
http://fune-amu.com/
[ 2013/05/01 23:06 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(0)

なんの花?

りすさんたち、そのお花、何の花

DSCF4533_convert_20130424013135.jpg
菜の花だよ!


菜の花と言ってもいろんな菜の花があるのよね。
何の花かなあ?


もちろん食用のなばなもあるけれど

水菜も小松菜も
こんなきれいな花が咲く。

水菜、小松菜のお花も食べることができそうだけれど
ひよっこがいちばん好きなのは

白菜の花

DSCF4529_convert_20130426110527.jpg

菜の花を いっぱい食べて 旬を満喫

PAP_0246_convert_20130426111809.jpg

PAP_0248_convert_20130426134714.jpg

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 野菜づくり

[ 2013/04/30 01:03 ] | TB(0) | CM(2)

押尾コ―タローの世界

ブログ更新が遅れていて
いつもホットニュースじゃなくてごめんなさい(ーー;)

押尾コ―タローさんのコンサートチケットを頂いたので聴きに行ってきました(^^♪


DSCF4588_convert_20130418203220.jpg


ギターは、いつも抱きかかえていっしょにいることができるからいいね。
もしかしたら夜寝る時もいっしょなのかもね。
それにしてもギターと一心同体で
どちらがギターか押尾コ―タローてな感じだったのです^^
思いっきり楽しんできました







夜空を見ながら おやすみなさい


押尾コ―タローオフィシャルサイト
http://www.kotaro-oshio.com/

Eテレ「趣味Do楽」
4月と5月の2ヶ月間
毎週月曜日夜9時半~9時55分
「押尾コータローのギターを弾きまくロー!」やっています。






ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2013/04/21 23:27 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(2)

さてここはどこでしょう?

さてここはどこでしょう?
DSCF4545_convert_20130413214125.jpg

DSCF4549_convert_20130413225855.jpg

チューリップの国 オランダ???

いえいえ、よーく見てね
知ってるところだから!
DSCF4543_convert_20130413213530.jpg

DSCF4544_convert_20130414020744.jpg
もう、わかりましたでしょう^^


今年はどんな春と出会えるのかな?
毎年、装いが違って楽しみです。
DSCF4557_convert_20130414021822.jpg

ソラ―ド(森の中の空中観察路)DSCF4561_convert_20130414232537.jpg

DSCF4558_convert_20130414023008.jpg




DSCF4560_convert_20130414233221.jpg

日時計です。今何時?
DSCF4562_convert_20130414233708.jpg


ただいま11時10分
そろそろおなかがすいてきたね。
まだちょっと早いかなあ。

DSCF4563_convert_20130415000319.jpg

DSCF4564_convert_20130415000619.jpg


桜の下でお弁当


DSCF4567_convert_20130415001027.jpg

寝転がって上を見上げると
さくらさくらさくら
鳥たちもいっしょに
唄いましょう春の歌

寝転がって鳥と唄えば
ひららひらりひらる
花びらも舞いながら
唄いますよ春の歌

DSCF4576_convert_20130415001825.jpg




DSCF4566_convert_20130415004047.jpg


DSCF4583_convert_20130415001425.jpg


明日は、春の嵐になるんだって
もう満開桜たちともしばしお別れでしょうね。

DSCF4586_convert_20130413210442.jpg

             H25-4-5(金)万博公園
                      

ジャンル : 地域情報
テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)

[ 2013/04/15 01:21 ] 地域情報 | TB(0) | CM(4)

枚方 末広町 1本枝垂れ桜

お友だちのお家へ遊びに行ってきました。
近所の大きなしだれざくらさんがまず目に飛び込んできました。
PAP_0240_convert_20130331225224.jpg


屋根より高いしだれざくらさん です。
PAP_0237_convert_20130331231321.jpg





PAP_0236_convert_20130331225014.jpg
幹はこんなに太くて随分お歳のようですが
とても美しい。

PAP_0241_convert_20130331225123.jpg


住宅地のなかに1本
住人も居なくなり建物も無くなった跡地で
ご近所の方々や鳥たちととってもなかよくしている人気者の
しだれざくらさん です。


もう1本、これちらは、上牧ですれちがった
まだわかいさくらさんです。
可愛らしいでしょ
PAP_0247_convert_20130331232926.jpg


ジャンル : 地域情報
テーマ : お花見情報

[ 2013/03/31 23:45 ] 地域情報 | TB(0) | CM(2)

ヨドコウ迎賓館

阪急芦屋川下車
六甲山の方に向かって歩いていくとすぐに
DSCF4492_convert_20130321073433.jpg

まだ駅を降りて5分もたってないのになあ!

ここから北へもう少し坂道をあがっていくと

DSCF4459_convert_20130326210950.jpg

重要文化財になっている
ヨドコウ迎賓館の中に入りましょう。
DSCF4461_convert_20130326211700.jpg


DSCF4462_convert_20130326212324.jpg

アメリカ建築家の巨匠 F.Lライト氏が
灘の酒造家8代目山邑家の依頼を受けて1918年に設計されたそうです。

DSCF4463_convert_20130326231831.jpg

DSCF4464_convert_20130326233709.jpg

DSCF4469_convert_20130326234520.jpg

照明そして太陽光のとりかたが絶妙です。
DSCF4477_convert_20130326235614.jpg

DSCF4481_convert_20130327001608.jpg

雛人形が、毎年2月中旬から4月初旬にかけて
一般公開されています。
雛飾りの男雛・女雛は、高さ45㎝と大きいのですよ。
どのお雛さまも豪華な衣装を纏っていて、お顔も優雅で美しいです。
珍しいお人形を見ることができます。

DSCF4468_convert_20130327004942.jpg

DSCF4474_convert_20130321015031.jpg

ベランダに出てみると
DSCF4487_convert_20130327023258.jpg

ちょっと春の嵐に吹き飛ばされそうでしたけど
神戸の街を眺めることができました。
DSCF4485_convert_20130327023823.jpg

ジャンル : 地域情報
テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報

[ 2013/03/27 01:18 ] 地域情報 | TB(0) | CM(2)

鷹の目

唐辛子は、鷹のつめっていうから
鷹の爪はそんなに唐辛子に似ているのかな?

そんなことはどうでもよくなってしまった。

鷹にみつめられてまいってしまった。

まいったか!

そう、あの目には・・

鵜の目鷹の目っていいいますよね。

ほんとうにその通りね。

でもよくみつめ合っていると
その目がとっても優しい。


PAP_0168_convert_20130317024217.jpg


PAP_0169_convert_20130317024303.jpg



ジャンル : 写真
テーマ : 生き物の写真

[ 2013/03/17 06:00 ] | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。