ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆき帽子

まだ凍る道を滑りそうになりながら、畑まで歩いて行きました。


まあ素敵なお帽子!
DSCF6096.jpg


DSCF6063.jpg

みんな真っ白なお揃い帽子。

DSCF6107.jpg

DSCF6105.jpg

DSCF6097.jpg

DSCF6109.jpg

DSCF6090.jpg
DSCF6089.jpg

DSCF6088.jpg

やっと畑に続く畦道にたどりつきました。
DSCF6072.jpg

野菜たちもみんなお揃い帽子を目深にかぶっていて

DSCF6074.jpg

だれかしら?
DSCF6083.jpg

DSCF6075.jpg

ここは、だあれ?
DSCF6079.jpg


                                                        2015 1/2 早朝
スポンサーサイト
[ 2015/01/05 23:53 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

鵜殿ヨシ原で遊ぶ②

DSCF4255_convert_20121223015113.jpg


ヨシは、条件さえよければ、地下茎は一年に約5m伸び、適当な間隔で根を下ろすそうです。

は、どんどん伸びてせいくらべ、2~6mの高さにもなるのですよ。

冬越しの間は、養分の炭水化物やタンパク質を地下にため込むので

地上の茎はからっぽになり栄養分もないので虫も住まない。

だからすだれヨシズにもなるのですね。

高槻市の鵜殿のヨシは、

茎に厚みがあって繊維の密度も濃いことから

篳篥(ひちりき)の音の元になる吹き口(リード)に使われています。

宮内庁によると、皇室行事で用いる篳篥は、平安時代から

鵜殿のヨシを使っているそうです。

DSCF4271_convert_20130211010036.jpg

鵜殿のヨシ原のなかで雅楽、越殿楽などの演奏を聴きました。

篳篥龍笛・・・残念ながら笙(しょう)は、火鉢を持ってきて暖めないと

良い音が出ないので仲間に入っていません。

しょうがないかな^^

演奏が始まるとそれまでざわざわしていたヨシたちも急に静かになって

わたしたちといっしょにその音色に聴き入っていたようでした。

DSCF4274_convert_20130217001210.jpg

DSCF4272_convert_20130217001457.jpg




ヨシ原は、浅い水辺の埋め立てや河川改修などにより失われることが多くなり、

その面積を大きく減らしています。

ヨシ原は、自然浄化作用を持ち、多くの生物(もちろんわたしたち人間も)のよりどころとなっていて

その価値が再評価され、ヨシ原復元の事業が行われています。

PAP_0063_convert_20130214215915.jpg

去年は、中止になった鵜殿のヨシ焼きですが

今年は、今度の日曜日、24日に行われます。


待ちに待った淀川の春を迎える行事です



ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2013/02/22 23:45 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

鵜殿ヨシ原で遊ぶ①

淀川にやってきました。

みんなのお名前、わからないけど こんにちは!

DSCF4252_convert_20121223014616.jpg

「こんにちは!」って挨拶してくれたのは
ヨシさんかな?
DSCF4260_convert_20121223020416.jpg

ヨシ、オギ、セイタカヨシ、そっくり仲間がいっぱい
大歓迎してくれました!!
DSCF4257_convert_20121223015951.jpg

初めは、誰が誰だか??わからないけど
そのうちなかよしになるから
わかるようになるのだって
DSCF4258_convert_20121223020922.jpg

淀川のふところの中へどんどん入って行きましょう。

DSCF4265_convert_20121223184752.jpg

DSCF4266_convert_20121223223326.jpg
なんだかいっぱい話しかけてくれているみたい。

3月には、よしきりたちはここで子育てをするし
つばめたちだってここをねぐらにするらしいですよ。

きじやはやぶさ…いろんな鳥たちもやってくる。



DSCF4256_convert_20121223015521.jpg
ヨシの仲間だけじゃない
絶滅危惧の植物たちがまだまだいっぱい



DSCF4261_convert_20121223225610.jpg
どんどん公園などに整備されていっている淀川のなかで
ヨシ原がたくさんの生きものが暮らす場所として残ったのはなぜでしょう?
ヨシから地元でヨシズ・簾を作っていたからもあるらしいですよ。

ヨシの葉っぱは、京都でもお店に並ぶ
ちまきの葉っぱにも使われていたりします。

神社の屋根は、ヨシ葺きが古代の姿で
邪気祓うことから初詣でおなじみの破魔矢も本来はヨシの矢だったらしいです。

近年、ヨシ製品は、中国からの輸入品が大半だそうです。

なんでも輸入に頼っていたら
日本らしい良いところも
どんどんなくなっていってしまいますね


DSCF4254_convert_20121224032344.jpg
これは、世界でたったひとつのあったかヨシ染め帽子。

ゆっくり、ゆったり日本の良いところを残していくこと。
ちょっとしたことで
目に見えないことで
心ゆたかになっていくのも進歩のような気がしてきます。


続きは

      いつになるやら
               
              
               これは、11月18日のできごと

ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2012/12/24 02:57 ] 自然 | TB(0) | CM(2)

淀川 鵜殿ヨシ原を守りましょう!

これは、鵜殿ヨシ原研究所発行の素敵な冊子です。


DSCF4347_convert_20121217225920.jpg
DSCF4348_convert_20121217230537.jpg
DSCF4349_convert_20121217231249.jpg
DSCF4350_convert_20121217231859.jpg

DSCF4351_convert_20121217232656.jpg



淀川河川敷のほとんどが公園化やゴルフ場化していっているなかで
鵜殿ヨシ原では、絶妙なバランスを保ちながら
多様で貴重な生物たちが生きています。


こんな鵜殿のヨシは昔、無くなりかけたことがあるのですよ!





鵜殿の危機!

1971年 淀川改修により河床が低下     
      鵜殿は、洪水時の冠水がなくなり乾燥化 ヨシ群落は60%になる
1973年 乾燥化のためつる草のカナムグラが大発生
      ヨシを倒しヨシが減少
1974年 ヨシ群落は20%に減少
1975年 高槻市は衰退したヨシ原の調査を大阪市立大学付属植物園勤務の小山弘道(植物生態学)に依頼
      自然保護相談員に任命
      ヨシ原調査を開始
1976年 高槻市緑政課と共同でヨシを倒すつる草カナムグラを調査
      淀川問題検討委員会に参加
      淀川改修工事の改善要望を提案し続ける。
1982年 乾燥化進み、ヨシ群落はついに5%に!
      小山氏の調査・保全活動に学生や一般市民の参加が始まる。
      鵜殿ヨシ原保全活動は、まず市民の手で


官民一体のヨシ原再生始まる

1990年 建設省河川局「多自然型自然管理」提唱実施
1994年 淀川工事事務所 揚水ポンプ計画発表
1996年 揚水ポンプ設置・導水路開削工事開始
      調査・保全・広報活動に一般市民ボランティア多数参加
      導水路周辺に試験区を設け生育・植物種調査開始
1997年 河川法改定  治水・利水に環境が加わり生態系の保全が法律上義務付けられる

1998年 揚水ポンプ本格稼働
      地下水位計・気象観測器設置
      参加市民が[鵜殿クラブ」を発足
      会報「うどの通信」発行 現在に続く
      ヨシ群落15%に回復     
1999年 ヨシの生育面を淀川の水位に近づける「切り下げ」工事始まる
      雅楽関係者との出会い
2001年 ヨシ原研究所設立
      道鵜町に研究所・鵜殿クラブ事務局を開設
2004年 高槻市より感謝状
      おおさか環境賞奨励賞受賞
      ヨシ群落22%
2010年 揚水ポンプを1基増設
2011年 2基のポンプでヨシに豊富な水を届けヨシ優先群落の拡大に道を切り開く

現在、ヨシ群落は20%以上に回復
カナムグラとの戦いは続く                 
                        ~鵜殿ヨシ原研究所発行の冊子より抜粋






ヨシ群落の絶滅を止め 生物多様性の環境と雅楽の蘆舌用ヨシの品質を守るために
小山弘道氏を中心に
鵜殿ヨシ原研究所の方々は、多くの市民ボランティアと活躍なさっています。


ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2012/12/23 01:42 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

さくらんぼのなる木

3月、ひと足早く春を楽しませてくれた裏庭のの木。

PAP_0579_convert_20120402224554.jpg


小さな裏庭にある桜の花を楽しもうと
ひとり夜桜を愛でていますと
何かの気配が!

花盗人か!!

桜の木の下、 目の前の塀の上。

塀の上を夜桜見物をしながら歩いてきたのは
いたちさんでした。
顔をほんと目の前であわせて
お互いに2秒間ぐらい◎◎目がまんまるになりました。

「ゆっくりして行ってね」と言う前に
早足で何も言わずに行ってしまいました。

PAP_0604_convert_20120408012103.jpg

散ってしまった桜の花びらのあとから
可愛いさくらんぼがうまれるのは、5月になってからなのですよ。

さくらんぼは桜の木にならないのですか
http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/tokuhan/sakuraqa.html



ジャンル : ライフ
テーマ : 日々のできごと

[ 2012/04/08 01:54 ] 自然 | TB(0) | CM(6)

皆既月食

とっても寒かったけど
夜空のすばらしいショ―を見ることができました。
今回の皆既月食は、お天気に恵まれて
くっきりはっきりと見ることができました。
近くのシリウスやオリオン座たちやたくさんの星たちも輝いて
ショ―を盛り上げていました。
今度見ることができるのは、3年後らしいです。
見ることができるかな?


DSCF2532_convert_20111212011551.jpg
[ 2011/12/12 01:18 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

台風の風

PAP_0428_convert_20110909005259.jpg


PAP_0431_convert_20110909072102.jpg

PAP_0426_convert_20110909004937.jpg

PAP_0429_convert_20110909072531.jpg

PAP_0436_convert_20110909071838.jpg


PAP_0434_convert_20110909071940.jpg
[ 2011/09/03 17:54 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

美しい野草の絨毯

どの絨毯がお好み?
DSCF1031_convert_20110507013246.jpg

SN3S0044_convert_20110505013055.jpg

SN3S0046_convert_20110505013232.jpg

SN3S0055_convert_20110505013721.jpg

DSCF1179_convert_20110509003915.jpg
[ 2011/05/01 01:38 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

柚子

我が家の小柚子ちゃん と夏の忘れもの

PAP_0137_convert_20101207014758.jpg

犬のゆきちゃんちの鬼柚子さんPAP_0124_convert_20101207014859.jpg
[ 2010/12/06 01:43 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

葉っぱのお手紙

犬のキャリコちゃんちの柿の木
PAP_0120_convert_20101205205342.jpg

40302637_T2.jpg

嵐のようなお天気のあとの柿の木
PAP_0122_convert_20101205205656.jpg

冬を知らせる落ち葉のお手紙はあちこちに届けられました。
葉っぱ64枚のお手紙だったかしら。40303141_T2_20101205215437.jpgpost1.gif

[ 2010/12/03 22:11 ] 自然 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。