ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

阿蘇で出会った可愛い牛さん

お~~い、牛さ~ん!
DSCF5470_convert_20140818213325.jpg

ずっとおいしそうに草を食べてるけど
DSCF5483_convert_20141101234827.jpg

ちょっとわたしとおはなししましょうよ。
DSCF5477_convert_20141102002253.jpg

ねえねえ、ちょっとだけね。
DSCF5475_convert_20141102001804.jpg

も~う、なんだよー。
DSCF5486_convert_20140818214224.jpg


スポンサーサイト
[ 2014/11/02 12:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

旅のつづき

さてこれは何でしょう?
むこうの煙と手前に堆く盛られたもの。

DSCF5433_convert_20140817021816.jpg

これをずーっと離れたところから見てみましょう。
ほらあの水たまりのちょっと左のところ・・・

IMG_0130_convert_20140903214935.jpg

向うの山(烏帽子岳)と手前の草千里ヶ浜は、約3万年前の火山活動でできた地形らしいです。
この広々とした草千里は昔の火口。

この昔の火口の真上に立ってきたのですが・・・

これではわかりませんよね。




IMG_0146_convert_20140903230646.jpg
実は、ここ草千里でお仕事をしている
お馬さんのの山だったのですよ。

阿蘇山のお山の上には
お馬さんの山がたくさんあるのです。

だからね。
雄大な景色を見ながら
一緒にちゃんと山も見ておかないとたいへん!


遠くに見えた煙は、もうおわかりでしょう。


IMG_0171_convert_20140907104830.jpg
阿蘇山の噴煙だったのです。

「あっ、そう」なんて言わないでね。

まるで地球が、白い卵の腐ったような息を吐き出しながら
呼吸をしているようでした。

DSCF5416_convert_20140907112131.jpg


ここで眠っている地球を起こしてはたいへん!

ちょっとたいへんつづきのおへその上でした。





[ 2014/09/07 11:27 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

急な○○旅行

娘が、「お休みがやっと3日だけとれるので
旅行に行ってこようかな。」というので
思いがけず、わたしも一緒について行くことになったのですよ。

さあ、どこに行ってきたのでしょう?
当ててくださいね。
でもごめんなさい、当たってもお土産も何もありません。

DSCF5348_convert_20140825002314.jpg
これは、娘ではありません。
黍団子がほしくて
わたしは、おともになってついて行ったのではありませんよ。

DSCF5352_convert_20140824234554.jpg

この橋の下のトンネルを歩いて向うまで行くと
難関を突破できるとかだれかが言っていました。


DSCF5360_convert_20140825003251.jpg
ここは、中国からの観光客が大勢いて
日本じゃないようでした。

DSCF5735_convert_20140901233111.jpg
こんなおみくじをひいたら末吉。

DSCF5379_convert_20140831065301.jpg
目的地まであと少しのところで
旅の疲れをとる。(まだ旅は始まったところなのにね。)
○○温泉。

DSCF5388_convert_20140901230515.jpg
あとは目的地に向かってレッツゴー


木が1本もない低い草に覆われた山。
その昔、神さまがお米を積み上げてできたといわれるお山だという。
DSCF5398_convert_20140902000010.jpg


振り返って後ろを見れば
DSCF5404_convert_20140902000538.jpg


おわかりになられましたでしょう!
ほんとうに九州のおへそのような○○山を
一度拝んでおこうとやってきたのですよ。

IMG_0124_convert_20140901231913.jpg
お山を抱きかかえて

DSCF5457_convert_20140902001432.jpg















[ 2014/08/31 23:54 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

Photos in Nederland ⑤ -キューケンホフ公園ー

DSCF3581_convert_20110716191701.jpg

GRL_0017_convert_20110711222845_20110718124459.jpg
民族衣装を着た美しいお姉さん

DSCF3599_convert_20110716193232.jpg

DSCF3600_convert_20110716194014.jpg

DSCF3607_convert_20110716194705.jpg

GRL_0020_convert_20110716140555.jpg

DSCF3613_convert_20110717011110.jpg

ミッフィーちゃん が生まれたのは、オランダのユトレヒト

生みの親のオランダのデザイナーディック・ブルーナ氏は、当時、写実的な絵柄作りが当然とされていた絵本の挿し絵に、自分のデザインと同様の、単純で抽象化された線と原色の色遣いとを用いる手法を持ち込み、擬人化された子ウサギの主人公たちの日常を描写した新しいタイプの絵本を書き上げました。ブルーナ氏はその主人公に、「ウサギ」を意味するオランダ語 konijn に接尾語 -tje (小さく愛らしいもの)を付けるなどして、 Nijntje という名前を与えました。これが、ナインチェの誕生です。
「ミッフィー」という名は、英語及び英語からの訳による版で見られる名前です。

ミッフィーちゃんとあそびましょう http://www.miffy.com/DSCF1283_convert_20110717110404.jpg



GRL_0016_convert_20110716140626.jpg
DSCF3640_convert_20110717012505.jpg
こんにちは
DSCF3641_convert_20110717015139.jpg
おいそぎですね


DSCF3622_convert_20110717011926.jpg

DSCF3624_convert_20110717012126.jpg DSCF3632_convert_20110717015620.jpg

DSCF3636_convert_20110717012722.jpg
さようなら キューケンホフ
[ 2011/06/21 22:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

Photos in Nederland ④ -キューケンホフ公園ー

GRL_0018_convert_20110711222738.jpg

DSCF3582_convert_20110711225313.jpg

DSCF3584_convert_20110711225433.jpg
 咲いた 咲いた チューリップの花が
 ならんだ ならんだ 
 どの花みても きれいだな

東京都世田谷区にすむ近藤宮子さんという方が、昭和5年(1930年)に作詞したものだそうです。 
「どの花みても/きれいだな」という歌詞について近藤さんは「なにごとにも良いところがあるものです。とくに、弱いものには目をくばりたい、という自分の思いをこめました」とおっしゃっています。


DSCF3611_convert_20110713005459.jpg

       DSCF3635_convert_20110713005350.jpg

DSCF3644_convert_20110713005742.jpg

花言葉 「博愛、真摯な愛、愛の告白、不滅の愛」
[ 2011/06/20 23:32 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

Photos in Nederland ③ -キューケンホフ公園ー

DSCF0322_convert_20110605021842.jpg

カリヨンDSCF0330_convert_20110606080923.jpg



キューケンホフ公園にあるかわいい風車は、景観保全のため、観光客のために
残してあるようです。中を見学することができました。
DSCF0327_convert_20110605072803.jpg

DSCF0333_convert_20110605073348.jpg



風車は、オランダの牧歌的風景になくてはならないものになっていますが
その役割はなんでしょう?

穀物を挽くための石臼の動力源。

造船用の木材を切るノコギリを動かすため。

オランダは、国土の約40%が海面下なので
常に水の汲み上げをしていないと水没してしまいます。
風車によって汲みあげられた水を運河にもどし、海へ流すため。

オランダの歴史は、水との闘い ともいわれていて
風車はそれに大きく貢献してきたようです。

DSCF0331_convert_20110605073157.jpg

DSCF0335_convert_20110605073520.jpg

DSCF0337_convert_20110606002504.jpg

DSCF0339_convert_20110605074326.jpg

DSCF0340_convert_20110605074537.jpg




風車の起源ははっきりしない。紀元前36世紀ごろ、エジプトで灌漑に使われたという記録がある。

1世紀初頭、アレクサンドリアのヘロンは、アネムリオン(風車を動力として風を送るオルガン)を設計した。

ウィンドミル(製粉用風車)は、ペルシャで誕生した。中央アジアのシースターン(イランとアフガニスタンの国境地域)で10世紀頃に建造されたのが最古である。その後、十字軍やモンゴル帝国の遠征により、ヨーロッパと中国に伝えられた。

15世紀、オランダで干拓地の排水用に風車が多用され始めました。これらはのちに蒸気機関に、さらには電動ポンプにとってかわられ、現在は観光資源ないし一部は「キンデルダイク=エルスハウトの風車網」として世界遺産に登録されているが、少数が今も現役で排水に使われている。
                               Wikipediaより


17世紀には、9000基もあった風車。
自然の力を利用する風車の重要性が、再認識され
現在は、1000基ほどになってしまいましたが、
いくつかの風車は、現役として今も動き続けているようです。



風車の言葉

風車の羽根は十字の位置に止めてから帆布を張っていきます。
この十字の位置にあるときは、「いつでも大丈夫」という意味を周りの人に伝えています。
風車は反時計方向に回るように作られていますので1時の角度で止められていれば
「すぐに来ます」の意味から お祝い を伝えています。
このポジションでは、身内の結婚式や、子どもが生まれた時など満艦飾の飾りをつけられることもあるそうです。
逆に11時の角度で止められていれば、「過ぎたこと」弔慰の表れです。タワーの上に黒い旗をつけ、葬列に風車の向きを合わせることもあります。
x型に止められていると、羽根に手が届かない起動の難しいポジション、これは、「長期休止」の意味があります。

また、第2次世界大戦中には、この風車の言葉をレジスタンスが使って、仲間内のメッセージを交わしたりしました。羽根の位置と頭部の方向でドイツ軍の侵攻状況を暗号化して地域の人々に知らせる役目もあったとか。
本 オランダ大好き!より


風車は、オランダの歴史と生活に深く根付いているのですね。
[ 2011/05/20 19:24 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

Photos in Nederland ② -キューケンホフ公園-

DSCF0305_convert_20110531070957.jpg

DSCF0319_convert_20110530215813.jpg



DSCF0316_convert_20110530215518.jpg


ヒヤシンス
DSCF0314_convert_20110530220052.jpg


水仙DSCF0313_convert_20110530214616.jpg
ちょっと雨の滴が・・・
降りそうで降らない、そんなお天気だったので
ちょっぴり残念。
でもお花はいきいきしています。

DSCF0312_convert_20110530214425.jpg

DSCF0317_convert_20110531071913.jpg
突然こんなものが、現れるのですから
びっくりしますよね。

ダッチ・デザインの特徴は、機能的でコンセプトがあること。
そして素材感、デザインなどが、どこかユーモラスなこと。

こんなところに創作活動の自由さ とユーモラスさ があります。
デザイナーにとっては、やさしいお国で
またそれが、毎日の生活を楽しくしてくれているのでしょうね。

[ 2011/05/18 22:28 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

Photos in Nederland ① -キューケンホフ公園-

DS<br />CF0307_convert_20110524081740.jpg

DSCF0306_convert_20110524075233.jpg

DSCF0302_convert_20110524074320.jpg

DSCF0308_convert_20110524081950.jpg

DSCF0303_convert_20110527000941.jpg

DSCF0310_convert_20110527001140.jpg

DSCF0311_convert_20110527001544.jpg
みなさんは、チューリップといえば何を思い出しますか?

わたしは、おやゆびひめのお話を
小さい頃に読んだ絵本の絵といっしょに思い出すのですよ。
カエルさんにおやゆびひめが、「結婚してください。」といわれて
困っているのを自分のことのように思ったものです。
小さいころの絵本や読んだ本で経験したことは
原体験として、わたしのなかにずっとあるようです。

カエルさんがとても素敵で、好きになったら
それでもめでたしめでたし。

もしかするとおやゆびひめがいるかもと
チューリップのなかをそっとのぞいてみます。


チューリップは、オランダの国花にもなっていますが、
元々は、トルコ産でターバンの意味のツルバンから名づけられたものと言われています。
16世紀からオランダを中心にヨーロッパ全体に広がって改良を重ね、今では
数えきれないくらいの新種が生みだされています。
キューケンホフ公園は、オランダの最大の球根花の展示場でもあります。


[ 2011/05/14 08:48 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

始めての異国

pu_.gif


オランダには、ヨーロッパ最大の港
石油化学工業メーカーなどが集結するユーロポート(ロッテルダム)があります。

そして昔から日本ととてもご縁のある国です。
DSCF0130_convert_20110417022254.jpg

DSCF0132_convert_20110417070701.jpg

DSCF0133_convert_20110417022536.jpg

オランダ スキポール空港に着地hiyo-mae_20110417101542.gif

DSCF0134_convert_20110417100842.jpg

ひよっこにとっては、始めての異国です。
オランダとはどんなところ?
住んでいるひとたちは?
少しずつアップしていくことにします。

しばらく毎日の生活にもどってブログ更新です。
[ 2011/03/30 23:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ひよっこ空を飛ぶ-6-

pu_.gif
DSCF0118_convert_20110416003944.jpg


地理が好きな人が
これらの写真をみたらどこの国かわかるのだろうな。
DSCF0119_convert_20110416004150.jpg
大きくしてみると
河にかかっている橋の真ん中がせり上がっています。
はね橋です。


DSCF0124_convert_20110416004657.jpg

DSCF0125_convert_20110416005004.jpg
びっしりと密集して平行して走る水路のようなもので
細長い短冊形の陸地に分割されています。

これらが昔、大きな湖、または泥炭湿原を干拓してできた
無数の排水路の走る
オランダポルダ―のようです。

オランダは、ライン川とマース川の河口にできた低地。
国土の4分の1は堤防で守られたポルダーとよばれる海面下の干拓地、運河と排水路で区画された平坦な土地。
そして広々とした牧草地が多いのですが、北海岸には砂丘が連なっていたりワイルドなところもあるらしいです。
湿原が沼や池や湖にもなっていたりもします。
湿原は、ほとんどが海面以下、または海抜5m以下ののところにあるといいます。
水郷と湿原のオランダは
鳥や虫や花の大きなサンクチュアリhiyo-tentou.gifでもあります。

bd_glass14.gif



日本の九州ぐらいの大きさの国。
丘陵地ならあるらしいですが、山という山はない。
海抜高度321mの最高地点が、ドイツ、ベルギー、オランダ三国の会合点にあるらしいです。

地震や津波はないようですが、
こんな地形なので暴風、洪水、高潮などの災害にみまわれています。
地球温暖化による海水面の上昇は、国の存亡にもかかわることです。
地球はつながっています。
どの国におこることも我が国のことのように思わないといけないでしょう。


原発もそうですが、たまたま福島で起こってしまいましたが
それが東京だったとしたら・・・
大阪だったとしたら・・・
環境も破壊されて、もうその地に以前のように住めなくなるのです。

福島のことも自分の身に起こったことと感じ
これからの道を選んでいかないといけないでしょう。




オランダにいた何日間のあいだ
毎日のニュースで必ず日本の地震と津波による被害、原発のことが
長い時間をかけてとりあげられていました。
日本のことを心配し、原発被害のことを悲しんでいました。hiyo-naku.gif
[ 2011/03/30 23:58 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。