ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨシの危機

鵜殿ヨシ原の上に新名神高速道路!!   



鵜殿のヨシ原上を通過する、
新名神高速道路の八幡〜高槻間の建設が、2012年4月に着工され、あちこちで
建設が進められています。

まだ鵜殿ヨシ原のところまできていませんが

雅楽の篳篥に欠かすことができないヨシを守るだけではなく

どうにかしてヨシ原の生態系を守りたいものです。

9.gif

淀川の橋脚はどのあたりにできるのでしょう?
どのような工事の進め方をするのでしょう?
ヨシ焼きができるような橋になるのでしょうか?




「SAVE THE 鵜殿ヨシ原」、国土交通省に訴え続けるために

「SAVE THE 鵜殿ヨシ原」 
署名活動をなさっています。


詳しくはこちらをご覧ください
http://www.udono-yoshihara.com/雅楽-新名神/


スポンサーサイト

ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2013/03/10 03:03 ] 淀川便り | TB(0) | CM(2)

鵜殿のヨシ焼き

2月24日(日曜日) 鵜殿のヨシ焼き

9時半ごろには、もうこんなに
空高くもうもうと煙が立ち上がっていました。
DSCF4407_convert_20130226210023.jpg

対岸が見えないぐらい
DSCF4409_convert_20130226210349.jpg

ヨシ原保存会の方や
多くの人に見守られながら
DSCF4411_convert_20130226210956.jpg

DSCF4433_convert_20130226214744.jpg

DSCF4450_convert_20130226220421.jpg

まだ燃えてないところには
どんどん点火していきます
DSCF4440_convert_20130226224355.jpg


DSCF4427_convert_20130226221015.jpg

雲雀がもうがまんできなくなって
舞い上がります。

こんなに離れたところで眺めていても
葦焼きのぬくもり、かおりが伝わってきます。

春を呼ぶ声が聞こえてくるようです。


DSCF4439_convert_20130226231523.jpg

[ 2013/02/27 23:57 ] 淀川便り | TB(0) | CM(4)

淀川沿いの民家の中に

淀川沿いの鵜殿あたりには、民家が並んでいます。

ここでは、ヨシですだれやよしずを作っていたのでしょうね。
看板が残っています。

DSCF4393.jpg


こんな民家もあるのですが
もう誰も住んでないのでしょう。
住人が居なくても周りの木々はどんどん成長しているようです。
PAP_0132_convert_20130224150721.jpg

家は、大きな口を開けていましたが
けっして入ったりはしません^^

PAP_0131.jpg
家の横に小さな道がありますので裏手に回ってみました。
DSCF4396.jpg




家の裏手は、じめっとして木とつるで覆われていましたので
後ろ姿を見ることはできませんでした。

PAP_0129.jpg

でも正面からよく眺めますと
瓦葺の2つの屋根の傾斜と
そのあいだにある土壁と木窓が美しく見えませんか?
DSCF4395.jpg

それに軒下を支える飾りは
ここにしかないもの。

もうこのような家は、住人の高齢化とともに
手を加えられず、老朽化してしまい、取り壊される運命にあるのでしょうね。
寂しいものです。

DSCF4398.jpg


廃墟評論を創刊されたNANTEI氏に
この廃屋の鑑定をお願いしています。

  荒廃度☆☆☆☆☆
  哀愁度☆☆☆☆☆
  郷愁度☆☆☆☆☆
  奇観度☆☆☆☆☆
  芸術度☆☆☆☆☆

さて☆いくつが★になるでしょうか?
結果は、後日わかりますのでお楽しみに!






鑑定結果がでました!

  荒廃度★★★★★
  哀愁度★★★★☆
  郷愁度★★★★☆
  奇観度★★★☆☆
  芸術度★★★★☆

<総評>
なかなか品格のある廃屋ですね。
2段になった屋根と窓、そして軒下の飾り。
ほんとうは芸術点5を上げたいほどです。


NANTEI氏の廃墟評論はこちらから
[ 2013/02/24 23:57 ] 淀川便り | TB(0) | CM(4)

残・残暑お見舞い申し上げます

DSCF3850_convert_20120827215502.jpg


DSCF3852_convert_20120830143647.jpg

ふと空を見上げると
入道雲に鱗雲が混じっていたりします。

蝉の声がいつのまにか虫の声に変わり
稲の上ではとんぼが飛び交っています。

でも日中の暑さは変わらない
いつまでも続きそうで
もうあと一日で夏は終わりだよ!と
心の中で叫んでいました。



DSCF3870_convert_20120830145644.jpg


あともう少し
あともう少し夏を楽しむことにしましょうt_aug07.jpg


みなさまもお体ご自愛くださいね

DSCF3878_convert_20120830224716.jpg


ジャンル : その他
テーマ : あいさつ

[ 2012/08/30 16:12 ] 淀川便り | TB(0) | CM(0)

鵜殿 葦焼き

DSCF2948_convert_20120320232853.jpg3/8淀川


春を呼ぶ風物詩 淀川の葦焼き


毎年、楽しみにしている葦焼きが今年は始まらない。
長い背高のっぽの葦が、焼かれて舞い上がってはいけないので
あらかじめ根元を刈って準備万端整っていたように思っていたのにね。

3月11日に行われると思っていた葦焼きが中止になったのは、
その前日、だったから?
確か3月11日葦焼きがあるので
この道を通る車は、規制されるという看板が立っていた。

延期の場合には18日。
でもこの日もだったのでできるはずがない。

20日、今日は、まだまだ肌寒いけれど春を感じる良い天気。
あるとしたら、絶対今日!

でもいつもの葦焼きを告げる市のアナウンスもありませんでした。
いつのまにか看板もなくなっていました。



本州最大のヨシの群生地として知られている栃木、群馬、茨城、埼玉の4県にまたがる
渡良瀬遊水地ヨシ焼き は、
東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故による放射性物質の飛散について、
安全性の確証が得られないため、今年も中止することになったらしいです。

枯れたヨシを焼き払うヨシ焼きです。
病害虫の駆除新しい芽が育つのを促すために行なわれてきました。
枯れた植物が残っていくことになるので、それによって、ヨシ原に生育する植物たちの、春の発芽、あるいはそれ以降の成長が抑制されたり、病害虫による生態系の変化が心配になってくるそうです。

そしてもう一つ、ヨシをよしずやかやぶき屋根の材料などとして、全国に出荷してきた地元の産業にも影響しているそうです。
今年のヨシはほとんどが変色した古いヨシのうえ、害虫の影響などで、よしずの材料に使えるものはほとんどなく、刈り取られるヨシは商品にもできず、処分する方法もない状態とか。

放射能物質からの安全性が確保できるのはいつになるのでしょう?
悲しいことです。




まさか淀川の葦焼きでは、放射能の心配はないだろうし
どうなってるのかなあ?と気になって見に行ってきました。

PAP_0543_convert_20120321223629.jpg
土手から随分と淀川の中まで入ってきました。
背高のっぽの葦も刈ってあるので
あたりいちめんが見渡せます。
時々足元から鳥たちが飛び立ちます。

この季節ならひとりで淀川の中に入り込んでも
迷子にはならないなあ。

PAP_0544_convert_20120320233726.jpg
葦も刈り取ってどこかに持って行かれているようです。
これでは燃え広がらないので
去年のような壮大な葦焼きはないのでしょうね。
春一番も吹かないし、葦焼きがないとなんだかとってもさみしいのです。


PAP_0547_convert_20120321225652.jpg

ヨシ刈りだけでは
葦焼きのように地表を完全に露出させられず、肥料となる灰も残すことはできないので残念です。


PAP_0549_convert_20120321220515.jpg
一部分、ロープが張ってありました。
この中は、立ち入り禁止です。
葦が刈り取ったまま寝転がっています。
実験中なのですね。

PAP_0550_convert_20120321221306.jpg

淀川にとっても大切な役割のある葦をまもっていかないといけませんね。
葦良し、よしよし。

PAP_0553_convert_20120321231156.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
にほんブログ村

ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2012/03/21 11:30 ] 淀川便り | TB(1) | CM(5)

冬の淀川便り

PAP_0359_convert_20120112000732.jpg

土手の上から眺めています。
土手の上も下も走る のには最高。
PAP_0366_convert_20120115002819.jpg
PAP_0390_convert_20120115003032.jpg

ここは、高槻シティ国際ハーフマラソンのコースの一部になっています。
今年のゲストは、朝原宣治さん。
http://www.sanspo-kansai.com/marathon/takatuki_2012/


土手の下に降りてみますね。

PAP_0369_convert_20120113095136.jpg
草滑り して遊ぶなら絶好の場所でしょ。

PAP_0378_convert_20120113095639.jpg
葦の枯れ草と背くらべして遊べるけど・・・

PAP_0389_convert_20120113094659.jpg
ほんとにみんな背が高い!
わたしの背の3倍ほどもある背高のっぽさんもいっぱい。
負けちゃうね。

PAP_0361_convert_20120113094352_20120113100512.jpg
どんどん中に入って行ける。
かくれんぼするにも絶好の場所だけど
危ないから
良い子は、絶対にそんなことをしてはだめ!!
以前にド―ベルマンが3匹、手綱もなしに
お散歩していたのに出会ったことがある。
なにが起こるか分からないからね。


でも凧揚げ するなら土手の近くでおもいっきりできる。
最近は、お正月に凧上げしているのも
羽根つき しているのも
こま回し しているのもみない。
さみしいなあ。

PAP_0386_convert_20120114233856.jpg

これは、こうすると
いいおひげになるね。

PAP_0380_convert_20120114235124.jpg
PAP_0375_convert_20120114235904.jpg
よもぎさんは、しもやけでお顔がいたいよう。

PAP_0364_convert_20120115004923.jpg

はるよこい はやくこい
[ 2012/01/02 23:53 ] 淀川便り | TB(0) | CM(2)

春の淀川

葦焼きの跡の淀川には、もうこんなに草花が芽生えています。
DSCF1045_convert_20110429203540.jpg
セイヨウカラシナの花は、5月に入ると散って
淀川は、緑一色になりますよ。
DSCF1044_convert_20110425015034.jpg

SN3S0064_convert_20110505013624.jpg

淀川の高槻あたりでは、川面は見ることができません。
対岸の枚方からは見えるのでしょうね。
川の真ん中には、木が育っています。
DSCF1040_convert_20110429231936.jpg

お空に未確認飛行物体?
DSCF1038_convert_20110425015904.jpg
なんでしょう?
DSCF1039_convert_20110424002226.jpg



CM飛行船でした。
DSCF1033_convert_20110429224915.jpg
[ 2011/04/29 20:53 ] 淀川便り | TB(0) | CM(2)

火事だあ!!

火事だああ!!!
PAP_0663_convert_20110220205700.jpg


と知らない人は思うでしょうね。

今年も淀川の葦原焼が行われました。


消防団の方々が予め刈ってある枯れた葦に次々に点火していきます。
DSCF3528_convert_20110222214500.jpg
DSCF3481_convert_20110222212504.jpg

DSCF3460_convert_20110222204636.jpg

お天気で乾燥しているからでしょうね。
あっというまに火は手をつなぎながら葦原を駆けて行きます。
お日さまも煙いよう!!

DSCF3458_convert_20110222071156_20110222215058.jpg

消防自動車も見守ります。
DSCF3526_convert_20110222215845.jpg


鵜殿ヨシ原保存会の人たちも見守ります。
DSCF3461_convert_20110222205118.jpg

DSCF3464_convert_20110222205412.jpg


DSCF3462_convert_20110222205221.jpg
遠くのほうで雲雀がなんだなんだと騒いでいます。
からすは、めずらしそうに見物に来ています。




DSCF3478_convert_20110222212341.jpg
火も収まってくると対岸の枚方市が見えてきました。
DSCF3477_convert_20110222212233.jpg
火が駆け抜けた後には、目の前に別世界が広がります。

DSCF3522_convert_20110222214747.jpg





帰りに畑に寄りました。
PAP_0651_convert_20110222234220.jpg

黒くなった葦のが風で運ばれて
ねぎの足元に。
肥料になりました\(^o^)/





[ 2011/02/20 20:52 ] 淀川便り | TB(0) | CM(0)

秋の淀川便り

秋も深まってきました。

稲刈りも終わって
今年は夏からひとっ飛びで冬になってしまいそう。
木枯らし1号がもうやってきました。
40303141_T2.jpg          40303140_T2.jpg



PAP_0768_convert_20101028095520.jpg

高槻から枚方の方面を望む
PAP_0767_convert_20101027220418.jpg

PAP_0764_convert_20101030210119.jpg
[ 2010/10/26 15:08 ] 淀川便り | TB(0) | CM(0)

淀川だより

image4515.gif暑中お見舞い申し上げます

今年は、例年にない暑い日が続いています。
ほんとうに入道雲ににわか雨が恋しいです。     
                             imagesCAIYMXWB.jpg



みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
お体に気をつけて、この夏をのりきってくださいね


淀川だよりをお届けします。
DSCF3213_convert_20100804013142.jpg
至る京都

DSCF3212_convert_20100804013035.jpg
至る大阪

DSCF3211_convert_20100804012915.jpg
至る枚方
[ 2010/08/03 06:50 ] 淀川便り | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。