ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 「舟を編む」


「舟を編む」
http://fune-amu.com/
スポンサーサイト
[ 2013/05/01 23:06 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(0)

押尾コ―タローの世界

ブログ更新が遅れていて
いつもホットニュースじゃなくてごめんなさい(ーー;)

押尾コ―タローさんのコンサートチケットを頂いたので聴きに行ってきました(^^♪


DSCF4588_convert_20130418203220.jpg


ギターは、いつも抱きかかえていっしょにいることができるからいいね。
もしかしたら夜寝る時もいっしょなのかもね。
それにしてもギターと一心同体で
どちらがギターか押尾コ―タローてな感じだったのです^^
思いっきり楽しんできました







夜空を見ながら おやすみなさい


押尾コ―タローオフィシャルサイト
http://www.kotaro-oshio.com/

Eテレ「趣味Do楽」
4月と5月の2ヶ月間
毎週月曜日夜9時半~9時55分
「押尾コータローのギターを弾きまくロー!」やっています。






ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2013/04/21 23:27 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(2)

春のうた

「美しい日本語によるコンサート」を聴きにいずみホールまで

日本の歌曲、懐かしい歌、新しい作詞作曲の歌もいっぱい

声楽家のかたの熱唱を聴いていて

あらためて日本語の表現はすてきだなあと思いました。


PAP_0235_convert_20130317001511.jpg





たくさんの歌の中から


<はる>  谷川俊太郎・団伊玖磨







ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2013/03/17 01:03 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(0)

エル・グレコ展

 xpo1_s1_20121225002052.gif Merry Christmasxpo1_s2_20121225002140.gif
 
 

 May your Christmas wishes come true!


DSCF4353_convert_20121225014426.jpg
聖母の前に現れるキリスト



なんだか今年は、ラッキーな年だった。
お友だちからエル・グレコ展の券をいただいたので観に行ってきた。



グレコの作品の中には、クリスマスを飾るのにふさわしいものがたくさん。




DSCF4357_convert_20121225020141.jpg
エル・グレコは、ベラスケス、ゴヤとならんでスペイン画家の3大巨匠のひとり。
でも実は、ギリシャのクレタ島生まれの異邦人。
エル・グレコは、「ギリシャ人」を意味するあだなだそうです。

DSCF4355_convert_20121225015729.jpg


詳しくはこちらへ
http://www.el-greco.jp/

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 絵画・美術

[ 2012/12/25 02:15 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(2)

エルミタージュ展

まずはお食事

かしく ゴルドン・ブルー 南禅寺店にて
http://www.cordon-blue.net/nanzenji/index.htmDSCF4214_convert_20121201203310.jpg

古い旅館を活用したお店は趣きがありますね。
DSCF4216_convert_20121202221018.jpg
DSCF4217_convert_20121204222219.jpg

味はもちろん器や飾り付け、お店の雰囲気など五感で愉しめました。

DSCF4218_convert_20121202222236.jpg
DSCF4219_convert_20121202223413.jpg
DSCF4220_convert_20121202224142.jpg
DSCF4221_convert_20121202224818.jpg
DSCF4223_convert_20121202225709.jpg

DSCF4227_convert_20121204225907.jpg

ロシア エルミタージュ美術館の膨大な所蔵品の中から
16世紀から20世紀にかけての400年にわたる西欧絵画の傑作89点がやってきました。

なんとラッキーなことに
お友だちの娘さんから券を頂いての鑑賞会!



ティツィアーノ、スケド―二、ルーベンス、レンブラント、シスレー、ドラクロア、コロ―、ルノワール、モネ、セザンヌ、ボナール、ルソー、マティス、ピカソ、デュフィ・・・・・・
時代を追ってゆっくりと鑑賞できました。

DSCF4342_convert_20121204235030.jpg
DSCF4341_convert_20121204234516.jpgDSCF4340_convert_20121204234422.jpg

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。

[ 2012/12/05 00:15 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(6)

ピアノリサイタル❤まりこちゃん❤

娘にお友だちからB5サイズのお便りが届いた

お友だちといっても
同じ幼稚園に通っていた御近所さんで
元気いっぱい遊んだお友だちなのですよ。
一つ上のお姉さん。
小学校1年になる前にお引っ越しして行っちゃったけど
ずっとお手紙が届いていて
ピアノを頑張っているのは知っていました。

とっても丁寧で心のこもったお便り・・・
一緒にコンサートのプログラムが同封されていました。

DSCF4339_convert_20121201164922.jpg




娘は当日仕事で忙しい
およそ20年ぶりの再会のチャンス、きっとあの素敵なお母さんにも会えると
わたしが変わりにひとりで出かけて行きました

小泉さんの演奏は、誠実さがにじみでていて
好感のもてる素敵な演奏会でした。

まりこちゃん、小さい頃からやさしく感受性豊かな女の子だったのですよ。
でもいつも元気いっぱいで
家の前で娘ととっても楽しそうに遊んでいたのを思い出します。
あのまりこちゃんが・・・

お二人での連弾は、二回ほどしか練習できなかった
そうですが息の合ったみごとな演奏でした

お二人の連弾ではありませんが
フォーレのドリー組曲より 子守唄、スペイン舞曲
フォーレのピアノ作品の中では最も親しまれている作品の1つ。
ドリーとは、後にドビッシ―と結婚したバルダック夫人の娘、エレ―ヌの愛称で彼女のために作曲されたもの。
スペイン舞曲では二人の腕が交差するところもあります。
連弾は、おもしろいですね。

PAP_0044_convert_20121201163616.jpg

お母さんにも会えて積もる話もできましたし
良かった良かった!
次回は、娘と聴きに行きますね

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2012/12/01 17:27 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(0)

牛田智大 ピアノ・リサイタル

PAP_0024_convert_20121115073308.jpg
10月20日(土)ザ・シンフォニーホールにて



  牛田智大 ピアノ・リサイタル
      12歳の天使ー驚異のピアニスト


ほんとうにびっくりしてしまいますよね。
12歳にしてこのような演奏ができるなんて!

天性の才能にたゆまぬ努力で
このような多くの人たちに感動を与える演奏ができるようになるのですからね。

「ピアノを弾くことがたまらなく好きなんです。いつまでも弾いていたい。
ピアノとぼくは一心同体。いつも弾きながら物語を描いていくような気分になります。
それを聴いてくださるかたとともに分かち合いたいんです。」


ピアノは、彼のことば、心の歌のようです。

演奏前にマイクを持って
今日弾く曲への想いを話す牛田さん。

震災に会われた方の悲しみに
少しでも寄り添うことができれば・・・

リスト:コンソレーション(慰め) 第3番
シューベルト:4つの即興曲より 第3番
グラナドス:アンダル―サ(祈り)
     (12のスペイン舞曲集op.37より第
5曲)

少しでも力づけることができて
元気になってもらえれば・・・

ショパン:ワルツ 第6番「子犬」
ショパン:ワルツ 第4番「華麗なる円舞曲」
ヒナステラ:アルゼンチン舞曲op.2 
      第1曲 年老いた羊飼いの踊り
      第2曲 粋な娘の踊り
      第3曲 はぐれものガウチョの踊り



休憩をはさんで

リスト:愛の夢 第3番
ショパン:ノクターン 第2番
汪 立三:「東山魁夷画意」より第4曲“涛声”
プーランク:愛の小径
プーランク:即興曲 第15番
     [エディット・ピアフを讃えて」
リスト:ハンガリー狂詩曲 第12番



あんなに体も細くまだ幼そうにみえる牛田さん
でも演奏が始まるとあっというまに牛田ワールドに引き込まれてしまいました。

若くしてあのような演奏ができるのは
早くからの自我のめざめがないとなし得ないことでしょう。
一つ一つの音に自分の気持ちを込め続ける。
その積み重ねがなくては、あのような演奏はとうていできないでしょう。


PAP_0026_convert_20121117232851.jpg

牛田さんが作曲した曲が入っている曲集を買ってきて弾いてみました

やっぱり音楽はよいですね。
いろんなものを超えて伝わってくるものがあります


PAP_0022_convert_20121118000218.jpg

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2012/11/18 00:30 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(2)

アフガニスタン山の学校支援の会

11月6日
また畑でかまきりさんに出会いました。

DSCF4055_convert_20121106222742.jpg
「寒くない?」と聞いてみたけど
首をかしげて・・・

聞こえなかったかなあ。

そろそろ秋も深まってきたので
君たちのシリーズは、また来年ね。





ひよっこの芸術・食欲の秋をシリーズで紹介しましょう。

第1回目は
10月13日(土)に行われたアフガニスタン山の学校支援の会のようすをご覧ください。


代表 長倉 洋海氏のスライドを見ながらのアフガニスタンのお話
DSCF4042_convert_20121106223542.jpg

山の学校でお勉強中の子どもたち
DSCF4043_convert_20121106233922.jpg

長倉さんのアフガニスタンの子どもたちの写真
DSCF4038_convert_20121106221618.jpg

子どもたちは学校へ山道を1、2時間かけて通うそうです。
日本のような水筒のお茶はありませんので
山に残っている雪を取って、口を潤しながら行くそうです
PAP_0032_convert_20121107013958.jpg
1枚1枚にいろんなお話があるのですね。


スタッフと長倉さん
DSCF4037_convert_20121106214818.jpg

子どもたちの成長がわかる長倉さんのコメントつきの楽しい写真です。
DSCF4045_convert_20121106234645.jpg


来年のカレンダーを買いました。
とっても素敵なカレンダーです。
DSCF4232_convert_20121108110204.jpg

DSCF4233_convert_20121108111105.jpg

欲しいなあと思われる方は、こちらからどうぞ
http://www.h-nagakura.net/info_121002.html

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 写真

[ 2012/11/07 00:36 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(0)

乙武 洋匡さんのお話から

「五体不満足」を大学中に出版した乙武洋匡(おとたけひろただ)さん
今は、二歳と四歳の子どもの父親になられているようです。

子どもがおひげを剃ってくれたり、
Yシャツを後ろから着せてくれたりするそうです。
そのほのぼのとした様子が目にうかんできます。

’07~’10年にかけて小学校教諭として勤務されました。
その時の子どもたちの反応がどうだったかというと
低学年と高学年では違うようです。
たとえば学校給食で子どもたちと一緒に牛乳を飲むときに
低学年では、「先生が牛乳を飲むぞー!!」と誰かがみんなに知らせてくれるそうです。
高学年では、みんな見ていても見ないふりをするそうです。

ペットボトル、牛乳の飲み方、字の書き方(とてもきれいな字です。)の乙武流実演をしてくださいました。

プールで顔をつけることもできないと言う子に
どうにかできるようにそして泳げるようになってほしいと思い
みんなの前で泳いだ話も心に残ります。

ずっといっしょにいるひとたちが、障害があることを忘れて
靴を履いたら?とか
足湯に行こう!とか
話しかけてくれることがほんとうにうれしいそうです。

あの滋賀県で起こったいじめ
「いじめをなくそう、いじめをなくすにはどうしたらよいか?とTVなどで報道されて
いますが、僕は、いじめはなくならないと思います。」とおっしゃっています。

「あんなひどいことをする子どもは許せない!」と思いますか?
「周りの子も学校も教育委員会もわかっていてなにもしなかったのはひどい。」と思いますか?
「そういうあなたは、さてもしあなたのまわりで実際にいじめがあったときに
おかしいと言えますか?
どうにかしようと行動しますか?

いじめをなくそうとするよりも
人ごとのように批判するよりも
周りの人が声をあげることが大切なのではないでしょうか?」と・・・


いろいろ心にしみるお話は、
乙武さんの明るくなんでもチャレンジする生き方から説得力のあるものに
なって伝わってきました。

さていろんな自分があるように
人にもいろんな面があります。
あるめだつ一部分だけ取り上げて否定することはやめないといけませんね。
また反対も言えると思います。
いろんな面があるおたがいを認め合う。
そして常に変化しているということもわかっていないといけないようです。

TVの報道もそうであってほしいと思います。
あまりにそれが全てのような報道が多すぎると思います。

ちょっと先を
もっと先をみることができるような世の中になればいいのにね。

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 思うこと

[ 2012/10/14 10:45 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(6)

国立民族学博物館 研究公演 

DSCF3912_convert_20120902231711.jpg
DSCF3895_convert_20120904213143.jpg

ヨーロッパの中世においては、教会で神を賛美する聖歌として整えられ、
近代には、神に捧げる万人のものとして発達した神への祈りの音楽。
それにあらゆる人々のいきいきとした生命の躍動から発達した舞踏音楽は、
クラッシック音楽の中でひとつになって大きな可能性を開いてきたようです。

バッハ:無伴奏チェロ組曲
ハイドン:ピアノトリオ ト短調XV25
バルトーク:「子供のために」抜粋(バイオリンとチェロの編曲版)
ファリャ(クライスラー編曲):スペイン舞曲(ヴァイオリンとピアノ)
フォーレ:エレジー(チェロとピアノ)
シューベルト:ピアノトリオ Op.100 第2楽章
       


このようなクラシックだけではありません。
民謡も演歌も
ジャズも・・・・
あらゆる音をもった営みは、同じような可能性を持っているのでしょうね。

人間は歌い踊る。
人間は、共通の運命をもった存在である。

いつの世も
何処の地でも
数々の調べが生まれて
人々に共感と感動を与えてくれている。

今日は、生の演奏で幸せなひと時を過ごしてきました。

演奏者は、フランスで活躍されている、
チェリストセバスチャン・ジャコミヴァイオリン加勢百合子ご夫婦、
ピアノ工藤祐意・セシリア女史、
司会解説新免光比呂氏(国立民族学博物館 准教授)
でとっても心温まる公演会でした。

01434.gif


ここでちょっと公演会でびっくりはらはらしたお話をしましょう。

開演前にわたしが座ったのは、
舞台から7列目ぐらいの真ん中よりちょっと
左、とても良い席だったのです。
わたしの左に座っていらっしゃる方は5、60代?の男の方でした。
公演が、始まる前まで、なにやら横でごそごそ音がしていました。
今日の公演などのパンフレットをみたりなさっていたのでしょうね。

公演が始まるとまわりもみんな一斉にシーンとなります。
風邪なども流行っていませんから
とても静かになりました。

導入のお話があり
1曲目の無伴奏チェロ組曲、チェロの独奏が
始まって間もなくのことです。
お隣からそのチェロに負けないぐらいの音が聞こえてきたのです。

美しいチェロの奏でるプレリュードに
グァガガーと雑音がはいるではありませんか!

ドキッとして真横を見ますと
お隣の男性の方の顔は、ホールの天井をむいていて
大きく口をあけているではありませんか!

一度だけでありますように!
他の人には気づかれませんように!と祈ったのですけれど
2度目のいびきは、まわりの人々にも気付かれたようで

3度目のいびきのときには、わたしもこれはお隣の男性を起こすしかないなあと
思った瞬間
たぶん自分のいびきの大きさにハッとなられたのかもしれませんね。
お目覚めです。
良かった良かった。ホッ(*^。^*)





ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 音楽

[ 2012/09/05 23:18 ] 文化・スポーツ | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。