FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

PK戦

ベスト8をかけてすごい戦いでした。
さすが南米パラグアイは粘りがあり強かったです。
でも日本も負けてなかったです!

あれだけ戦ってきて
PKで勝敗が決まるのだけは、ちょっと酷な話です。
まともにぶつかって1点取られて負けたほうが良かったでしょうね。
悔しかったでしょうね。

でもすべては、次につながります。

ニッポン チャチャチャ 



今回のサッカーワールドカップでも、いろんなドラマがありますね。
涙あり歓喜あり・・・
大きな感動を与えてもらえます。
日本の試合は終わりましたが、もう少しのあいだ楽しませてもらうことにします。
スポンサーサイト



[ 2010/06/30 20:31 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

高槻名産 寒天

高槻名産 寒天を使った寒天海藻サラダ

PAP_0851_convert_20100628215916.jpg

中には、寒天・カット若布・カット茎若布・カット昆布・紅トサカ・紅杉のり・青姫のり がブレンドされてます。
10分間の水つけ後よく絞って、
好みの具材を入れ好みの味付けであえて、簡単にサラダができます。

PAP_0850_convert_20100628220119.jpg

寒天の健康効果
寒天は、海藻の一種である天草(てんぐさ)などから作られ、天然の食物繊 維、ミネラルなどをバランスよく含んでいます。

寒天に含まれる食物繊維は、食品の中でも特に多い。
寒天の食物繊維が胃 酸で分解されるとアガロオリゴ糖という物質になり、このアガロオリゴ糖 にはがん細胞の成長を防ぐ作用や抗酸化作用がある。
さらに寒天の食物繊 維は、腸内をきれいにして便秘・肥満・高血糖を防ぐ働きもある。
生活習慣病の予防に一役。

また寒天はカルシウムも豊富で、骨や歯を丈夫する作用や、目や脳の健康を保つ働きがある。
とてもヘルシーですね。

高槻名産の寒天サラダは、JAたかつき で売ってまーす。

[ 2010/06/28 21:37 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

くりのサマ―カット

暑くなると
元気なくりもさずがに毛皮のお洋服は脱ぎたそう。
おなかを上にし寝ていたり、廊下のひんやりしたところを求めて
あちこち移動します。

今日は、年に一回のサマーカットに行ってきました。
ハンサムくりくんになって帰ってきました。
PAP_0810_convert_20100627233045.jpg       PAP_0849_convert_20100628211148.jpg



PAP_0823_convert_20100627233259.jpgねえ スティッチくん
そこは、ぼくのお昼寝場所だよPAP_0821_convert_20100628070644.jpg

PAP_0818_convert_20100628071142.jpg
[ 2010/06/26 23:37 ] | TB(0) | CM(0)

2010FIFAワールドカップサッカー

サッカー2010FIFAワールドカップ予選リーグ
24日3時から行われたデンマーク戦、観ましたか!!
久々にTV釘づけになりました。
日本代表のチームワーク、技術にブラボー
29日の南米のパラグアイとの決勝リーグ戦楽しみです。amsfssa_n.jpg



W杯メンバー一覧

監督 岡田武史

ポジション 名 前 所 属 身長、体重
GK 川口能活 磐田 179、78
GK 楢崎正剛 名古屋 187、80
GK 川島永嗣 川崎F 185、80
DF 中沢佑ニ 横浜 187、78
DF 闘莉王 名古屋 185、82
DF 駒野友一 磐田 172、76
DF 岩政大樹 鹿島 187、85
DF 今野泰幸 東京 178、73
DF 長友佑都 東京 170、65
DF 内田篤人 鹿島 176、62
MF 中村俊輔 横浜 178、70
MF 稲本潤一 川崎F 181、75
MF 遠藤保仁 G大阪 178、75
MF 中村憲剛 川崎F 175、67
MF 松井大輔 グルノーブル 175、64
MF 阿部勇樹 浦和 177、77
MF 長谷部誠 ボルフスブルク 179、72
MF 本田圭佑 CSKAモスクワ 182、74
FW 玉田圭司 名古屋 173、67
FW 大久保嘉人 神戸 170、73
FW 矢野貴章 新潟 185、76
FW 岡崎慎司 清水 173、70
FW 森本貴幸 カターニャ 180、73

日刊スポーツより
ニッポン チャチャチャ
[ 2010/06/25 05:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(2)

父の日

父の日は、父が好きな温泉へ
昼からだったのでみんなで先にお食事を。


高槻の木曽路というお店へ 春日町16-1 (072-661-2013)170号線枚方に向かって行くと右側にあります。
PAP_0804_convert_20100626103918.jpg
PAP_0803_convert_20100626104049.jpg
PAP_0802_convert_20100626104131.jpg
お造り、焼八寸、1人鍋(豆乳)茶碗蒸し、揚げ物、ご飯、吸い物、香の物、デザート
これで2000円です。
なかなか粋な盛り付けでおいしくいただきました。
おなかいっぱいになりました。
父は食が細いので母と二人で1人分でしたよ。
[ 2010/06/20 10:50 ] 行事 | TB(0) | CM(0)

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間。
突然やってきた怪物に土蛙はあわてて逃げだす。
むくどりもおどろいて飛び立つ。        
image15.gif
まるで泥んこ遊び。
泥んこの山や谷を作ったりしているうちに
畑は、怪物の足跡だらけ。

雨上がりの土はとても柔らかくて
全体重をかけると地球のなかに棒が吸い込まれるように入っていく。
この楽しみが、わかる人は少ないだろうな。

胡瓜もゴーヤも冬瓜も
すいかやかぼちゃも
どんどんつるの手をのばして
そのうち怪物を覆い隠してしまうだろうね。


PAP_0780_convert_20100620231621.jpg PAP_0781_convert_20100620231845.jpg PAP_0763_convert_20100620232051.jpg
トマトも植えてから1カ月半 おいしいミニトマトが数個とれました。

PAP_0779_convert_20100620232316.jpg
胡瓜もこれからどんどんとれます。

PAP_0774_convert_20100620233728.jpg
ナスも毎日とれるようになってきました。
ほんとうに恵みの雨です。
PAP_0782_convert_20100620234542.jpg

PAP_0773_convert_20100620234914.jpg
ピーマンさんたちも無事大きくなりました。
PAP_0790_convert_20100620235653.jpg PAP_0792_convert_20100620235940.jpg
PAP_0791_convert_20100621000027.jpg

PAP_0766_convert_20100621000653.jpgかぼちゃはできるかな?

PAP_0765_convert_20100621000802.jpg小玉すいかもできるかな?

PAP_0767_convert_20100621002003.jpg今年はいくつ冬瓜がとれるかな?

PAP_0770_convert_20100623225113.jpg
畑で勝手に芽を出したゴーヤもどんどん伸びてきました。

夏場は、葉菜類を育てるのは難しい。
暑さに虫に耐えられるのは限られてくる。
PAP_0719_convert_20100621001606.jpg
空芯菜(エンサイ)は挿し芽でもふえてくれる。

PAP_0771_convert_20100623224635.jpg
夏場にモロヘイアは欠かせない。

PAP_0768_convert_20100621001744.jpgほうれんそうの芽がでてきました!

私の大好きなオクラも3種類植えました。
PAP_0769_convert_20100621001828.jpg

PAP_0777_convert_20100621011105.jpgも欠かせません!

PAP_0798_convert_20100626161456.jpg
わたし、とれたてナスピーよ あそびましょう
[ 2010/06/18 03:59 ] | TB(0) | CM(2)

梅雨入り

平年より7日遅れの梅雨入り です。
畑で野菜作りをしていますと、ほんとうにお天気の変化に敏感になります。
蛙と一緒で雨とも仲良くなります。

池の紫陽花もとてもきれいで活き活き!
PAP_0754_convert_20100617070716.jpg

PAP_0757_convert_20100617070507.jpg
むらさきつゆくさ
PAP_0705_convert_20100617070356.jpg

Read More

[ 2010/06/13 11:01 ] | TB(0) | CM(0)

我が家流 梅干し作り

いよいよお弁当に欠かせない梅干し作りが始まりました。
梅は、毎年高槻センター街の八百屋(天庄さん)で購入しています。
今年は、天候不順のためでしょう、梅も不作だそうです。
1㎏1700円と去年よりお値段も少し高いです。

とてもかわいらしい顔をした南高梅
その中でも特に上等と言われている紅梅です。
DSCF3148_convert_20100613072043.jpg



まず梅選びが大切です。
梅干しといえば、南高梅が最高です。肉質も多く柔らかい梅干しができます。
ポイントは見た目黄色から少し赤くなったくらいの、甘酸っぱい桃のような香りのする梅を選びましょう。
今年は、すこし小さい可愛いサイズを選びました。
恥じらいのある梅子さんです(*^_^*)

よく洗った梅を5時間位真水に浸けてあく抜きをします。浸けすぎないようにね。

きれいな手袋で梅を持ち、竹串でへたを一つずつ取っていく。

ざるでにひろげて一晩おくと水は自然に切れます。
水をふくことはありません。
DSCF3149_convert_20100613072144.jpg

ガラス瓶、赤穂の天塩などの粗塩(梅に対しておよそ20%、我が家は弁当用、それにみんなよく汗を出すので多めです。かび防止にもなります。12~18%の間がいいでしょう。)を用意します。
不透明だと中の状態がわかりづらいし、中を確認しやすいので我が家はガラス瓶にしています。
ガラス瓶はあらかじめきれいに洗浄し、熱湯を瓶とふたにまんべんまくかけて殺菌します。乾いたらまた酒で瓶とふたを拭いて殺菌します。これがカビさせない最大のポイントです。

塩と梅を交互にガラス瓶に入れていきます。
下の方より上の方に塩が多くなるように入れていきます。
PAP_0735_convert_20100613230752.jpg
2日目ですが、もう梅酢がこんなにあがっています。
重しをしていませんが、この方法で梅が浸るぐらい充分な梅酢があがってきます。
もし重しをするなら、きれいなビニール袋に水を入れ、破れないように2重にして入れてもよいでしょう。
日の当らない風通しのよいところに置いておきます。
[ 2010/06/11 22:39 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

ゴーヤと青シソ

畑では、去年落ちた種から、芽があちこちに出てきています
これはなんの芽かわかりますか?
SH3E0341_convert_20100612011247.jpg

SH3E0342_convert_20100612011338.jpg
これは、ゴーヤです。
最近では、ゴーヤを窓の緑のカーテンにする方が増えています。
ほんとに目隠しにもなりますし、日よけになり、見た目もとても涼しそうです。
そのうえ栄養いっぱいのゴーヤが取れるといいですよね。

まだ少し残っています。
ゴーヤカーテンやってみようという方がいらっしゃればお分けしますのでご連絡ください


プランター栽培を成功させるには土作りが最重要です!
●まず必要なものは、土とプランターです。プランターでは畑と違い限られた土で育てなければなりません。また、土は下記のような性質を備えていなければなりません。
 
●根がよく張りめぐること。
●プランターは頻繁な灌水が必要ですが、これによって土自体が固く締まらないこと。
●灌水によって肥料が流れださないこと。
 
このような土を作るためには次の3種類の土を混ぜ合わせて作るとよいでしょう。
これらは園芸店やホームセンターで手に入ります。
(1)園芸土、(2)腐葉土、(3)赤玉土、(4)牛糞などの肥料、これらをプランターに入れる前におよそ6:2:1:1くらいの割合でよく混ぜます。
でも土を準備できなくても大丈夫。そのまま使える「野菜用土」でもかまいません。
プランターは、長方形のもので20リットル以上のもの、丸形のものは直径30cm以上で深さがあるもの(40cm以上)など、なるべく大きめで二重底のプランターを用意してください。たくさん育てたい方は、複数用意するといいでしょう。

これはわかりやすいですね。シソの芽です。
PAP_0720_convert_20100613105329.jpg

梅干し作りに欠かせない赤紫蘇。
今年は、出てきた芽が少ないので、梅干し作りに足りるかな?
PAP_0701_convert_20100613105416.jpg

青シソは、あちこちから芽を出しています。
畑に青シソばかりそんなにたくさん育てられないのでもうすこしすれば引っこ抜いて捨てられてしまいます(>_<)
1本大きく育てれば毎日の料理に大変役立ちます。
これももらっていただければうれしいですヽ(^o^)丿
[ 2010/06/10 01:27 ] | TB(0) | CM(6)

田植えあとのお客さん

あちこちで田植えが終わっています。
初夏のこの季節がわたしは好きです。
今まで静かだった田んぼに、いっぱいのお客さんがやってきます。

我が子を心配そうに見守るけりの親鳥
DSCF3040_convert_20100611214222.jpg

ハクセキレイの親子
DSCF3073_convert_20100611214815.jpg

もうすっかり親鳥と同じぐらい大きくなっています。
DSCF3075_convert_20100611215013.jpg

熱いキスのように見えますが、まだ甘えて餌をもらっているのでしょうね。
DSCF3069_convert_20100611220200.jpg

なかよしかるがも
DSCF3109_convert_20100611220523.jpg

まだ若いあおさぎさん
DSCF3119_convert_20100611221409.jpg


[ 2010/06/08 21:59 ] | TB(0) | CM(0)

勝尾寺

お友だちの新車で箕面の勝尾寺に連れて行っていただく。
名前は聞いたことがありますが、どんなお寺かも何も知らずに訪れました。
お寺は山に抱かれるようにありました。
1300年の昔より、山自体の持つ霊力によって聖地として崇拝されているそうです。
DSCF2961_convert_20100607211944.jpg

さて二人は何をしているのでしょう?
DSCF2964_convert_20100607215041.jpg
知恵の輪の出入り口とかいって
真ん中の石の周りを右に7回、逆に7回ゆっくりまわってワン!とは言いいません。まわるだけで
自分の体の均整がとれ、新たな知恵をいただけるということです。

今は、石楠花の花がきれいです。
もう少しすると紫陽花の出番のようです。
そして春はもちろん桜、秋は紅葉。
DSCF2967_convert_20100607213344.jpg

DSCF2978_convert_20100607213041.jpg

勝運の寺としても信仰されています。
あちこちに達磨さんがいて
七転び八起きでがんばれよ!と言っているようです。
DSCF2972_convert_20100607215523.jpg

DSCF2976_convert_20100607224753.jpg
[ 2010/06/03 21:11 ] 小旅行 | TB(0) | CM(0)

野菜だより

苗を植えてちょうど1か月経ちました。
みんな元気に育ってくれてます。
DSCF3014_convert_20100606071940.jpg
トマト
葉の付け根から出てくるわき芽かきが欠かせません。
第1花房の果実が大きくなり始めた苗には、追肥をし、軽く土寄せをしました。
トマトはアンデス高原が原産地です。
日当たりがよく乾燥したところで良く育ちます。
土にヒビがいっていても大丈夫。


DSCF3016_convert_20100606072405.jpg
ナス
手前の葉っぱが淡い緑色の苗は白ナスの苗。
葉っぱがやわらかくておいしいのでしょうね。
虫さんのごちそうになっています。
まだ花房の果実は、株を大きくするために小さいうちに取ります。
追肥と土寄せをします。次からは2週間おきに追肥します。
ナスは水食いですのでこんなお天気が続く日には、水やりが欠かせません。

DSCF3017_convert_20100606100516.jpg
ピーマン・ししとう・万願寺など
ナスもピーマンも枝が混んでくるようなら、主枝と側枝2本の3本を残しあとのわき芽は、はさみで摘み取ります。
株が大きくなるまで果実はまだ早めに取ります。
月に1~2回追肥と土寄せ。

DSCF2659_convert_20100606100902_convert_20100606220950.jpg
じゃがいも
収穫までもう少し。葉っぱが茶色に混じりなり、倒れてくれば収穫です。
お芋が土から出ないように土寄せします。
[ 2010/06/02 11:16 ] | TB(0) | CM(0)