FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

鵜殿のヨシ焼き

2月24日(日曜日) 鵜殿のヨシ焼き

9時半ごろには、もうこんなに
空高くもうもうと煙が立ち上がっていました。
DSCF4407_convert_20130226210023.jpg

対岸が見えないぐらい
DSCF4409_convert_20130226210349.jpg

ヨシ原保存会の方や
多くの人に見守られながら
DSCF4411_convert_20130226210956.jpg

DSCF4433_convert_20130226214744.jpg

DSCF4450_convert_20130226220421.jpg

まだ燃えてないところには
どんどん点火していきます
DSCF4440_convert_20130226224355.jpg


DSCF4427_convert_20130226221015.jpg

雲雀がもうがまんできなくなって
舞い上がります。

こんなに離れたところで眺めていても
葦焼きのぬくもり、かおりが伝わってきます。

春を呼ぶ声が聞こえてくるようです。


DSCF4439_convert_20130226231523.jpg

スポンサーサイト



[ 2013/02/27 23:57 ] 淀川便り | TB(0) | CM(4)

淀川沿いの民家の中に

淀川沿いの鵜殿あたりには、民家が並んでいます。

ここでは、ヨシですだれやよしずを作っていたのでしょうね。
看板が残っています。

DSCF4393.jpg


こんな民家もあるのですが
もう誰も住んでないのでしょう。
住人が居なくても周りの木々はどんどん成長しているようです。
PAP_0132_convert_20130224150721.jpg

家は、大きな口を開けていましたが
けっして入ったりはしません^^

PAP_0131.jpg
家の横に小さな道がありますので裏手に回ってみました。
DSCF4396.jpg




家の裏手は、じめっとして木とつるで覆われていましたので
後ろ姿を見ることはできませんでした。

PAP_0129.jpg

でも正面からよく眺めますと
瓦葺の2つの屋根の傾斜と
そのあいだにある土壁と木窓が美しく見えませんか?
DSCF4395.jpg

それに軒下を支える飾りは
ここにしかないもの。

もうこのような家は、住人の高齢化とともに
手を加えられず、老朽化してしまい、取り壊される運命にあるのでしょうね。
寂しいものです。

DSCF4398.jpg


廃墟評論を創刊されたNANTEI氏に
この廃屋の鑑定をお願いしています。

  荒廃度☆☆☆☆☆
  哀愁度☆☆☆☆☆
  郷愁度☆☆☆☆☆
  奇観度☆☆☆☆☆
  芸術度☆☆☆☆☆

さて☆いくつが★になるでしょうか?
結果は、後日わかりますのでお楽しみに!






鑑定結果がでました!

  荒廃度★★★★★
  哀愁度★★★★☆
  郷愁度★★★★☆
  奇観度★★★☆☆
  芸術度★★★★☆

<総評>
なかなか品格のある廃屋ですね。
2段になった屋根と窓、そして軒下の飾り。
ほんとうは芸術点5を上げたいほどです。


NANTEI氏の廃墟評論はこちらから
[ 2013/02/24 23:57 ] 淀川便り | TB(0) | CM(4)

鵜殿ヨシ原で遊ぶ②

DSCF4255_convert_20121223015113.jpg


ヨシは、条件さえよければ、地下茎は一年に約5m伸び、適当な間隔で根を下ろすそうです。

は、どんどん伸びてせいくらべ、2~6mの高さにもなるのですよ。

冬越しの間は、養分の炭水化物やタンパク質を地下にため込むので

地上の茎はからっぽになり栄養分もないので虫も住まない。

だからすだれヨシズにもなるのですね。

高槻市の鵜殿のヨシは、

茎に厚みがあって繊維の密度も濃いことから

篳篥(ひちりき)の音の元になる吹き口(リード)に使われています。

宮内庁によると、皇室行事で用いる篳篥は、平安時代から

鵜殿のヨシを使っているそうです。

DSCF4271_convert_20130211010036.jpg

鵜殿のヨシ原のなかで雅楽、越殿楽などの演奏を聴きました。

篳篥龍笛・・・残念ながら笙(しょう)は、火鉢を持ってきて暖めないと

良い音が出ないので仲間に入っていません。

しょうがないかな^^

演奏が始まるとそれまでざわざわしていたヨシたちも急に静かになって

わたしたちといっしょにその音色に聴き入っていたようでした。

DSCF4274_convert_20130217001210.jpg

DSCF4272_convert_20130217001457.jpg




ヨシ原は、浅い水辺の埋め立てや河川改修などにより失われることが多くなり、

その面積を大きく減らしています。

ヨシ原は、自然浄化作用を持ち、多くの生物(もちろんわたしたち人間も)のよりどころとなっていて

その価値が再評価され、ヨシ原復元の事業が行われています。

PAP_0063_convert_20130214215915.jpg

去年は、中止になった鵜殿のヨシ焼きですが

今年は、今度の日曜日、24日に行われます。


待ちに待った淀川の春を迎える行事です



ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2013/02/22 23:45 ] 自然 | TB(0) | CM(0)

冬のひよっこ畑から

12月に収穫したじゃがいも
PAP_0078_convert_20130208220821.jpg

かわいいポテ子ちゃん です。
よろしくね

PAP_0075_convert_20130208222310.jpg


1月に収穫した里芋

DSCF4374_convert_20130202231747.jpg


土の中からこんにちわ!
かわいい さと子ちゃんでーす。
DSCF4390_convert_20130210094754.jpg

「寒いのいやだよー」って
丸まっているのは、ハクサイくん
DSCF4378_convert_20130203034836.jpg

DSCF4384_convert_20130210144921.jpg
ブロッコリーの ぶろ子ちゃん 
ロマンティックな ろまねす子ちゃん 
げんきです。

DSCF4385.jpg

ダンスを踊っているのはみぶなさんたち
DSCF4387_convert_20130211004643.jpg

豆男くん 豆子さん のせいくらべ
はまだ始まったばかりです。
DSCF4388_convert_20130211004826.jpg


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
[ 2013/02/11 01:27 ] | TB(0) | CM(2)

節分のおすそわけ

PAP_0089_convert_20130205022036.jpg

おにはそと~ ふくはうち~ 
 ぱらぱらぱらぱら まめのおと
 おにはこっそりにげていく


PAP_0088_convert_20130205021253.jpg


おにさーん!まってまってえ!
たくさん巻き寿司作ったから
食べてってね

PAP_0087_convert_20130205021206.jpg

去年は蓮根入りを作ったけど
今年は牛蒡入り。
牛蒡入りもおいしいでしょ。


あっ!くりは、豆ひろい。。。。。
くりは、今11歳だから
1つ多く12こひろって食べるんだよ。
今年もみんなでなかよく元気でいようね。

PAP_0104_convert_20130205004022.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村
[ 2013/02/05 04:27 ] 行事 | TB(0) | CM(2)

くりと狛犬

わあ~~
もう12分の1過ぎたのね。

この写真を撮ったのは、昨日のことのように思える。
このちょうしだと
気が付いたら1年経っていたー!なんてことになりそう。

中年?老い易く学成り難し・・・

今もずっと変わらないなあ。

月日が経つのを忘れては、はっと我にかえり
こんなことを思うのも人間だけね。


DSCF4371_convert_20130131223752.jpg

くりは、いつも変わらず
おいしいものを食べることを考えているよね。
それはわたしもいっしょ。。。
願いがいっぱい叶いますように!



にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ
にほんブログ村
[ 2013/02/01 00:09 ] 行事 | TB(0) | CM(2)