FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

大阪の教育について考えたこと②

♪戦争を知らない子どもたち♪という歌が流行ってもう久しくなります。
戦争を知らない若い人たちに伝えておくことが、
今いっぱいあるような時代になってきていると思います。

戦争中、教育が戦争するひとをつくることに利用されたこともありました。
若い命が、先生たちの教えを信じてはかなく消えていきました。
それが、先生たちの胸に痛みとしていつまでも強く残った そうです。


hiyo-7.jpg

そして、もう二度とあのような悲惨なことが繰り返されないようにと
政治とは、独立した教育委員会が作られました。

教育、学問、司法などの世界に、政治や経済が入り込んできては
本来あるべき姿が失われたり、真理や真実が求められなくなっていきます。


                         isuarenji.gif
                                                    

そこでひよっこ府知事としましては、その見解は、忘れてはいけないことであり
教育の営みには、府の意向を述べはしますが
未来を担う子どもたちに今、何が必要とされているのか?
教育委員会との話し合いの場を設け、意見を聞き、助言もしながら、協力体制の下、
行政の立場からできる限りの努力と施策の実行をしていきたく思います。




 ひよっこ府知事の考える大阪の教育 

           ひよっこ教育基本条例案


戦後、日本は、めざましい復興と成長をとげてきたように思います。
一見豊かになったようにみえますが、
しかし成長の陰には、様々な弊害も今あらわになってきています。


たとえば大阪府での学校教育の教育力のなさも学力・体力の低下
社会の変化によるものがとても大きいと思われます。
なにが変わってきたか?
                                        boy3.gif


経済が発展し、人口が集中し、子どもの自然な遊び場が大阪などの都会では少ない。
昔は、ほんと近くの川で泳げたし、虫採りしたり、木のぼりしたりして遊べたものです。
今は、わざわざお金や時間を使って、大人が連れて行かなくてはならない。
そして草野球などの遊びから、今では、ゲームなどのひとり遊びに変わっていってしまい
子ども時代にはなくてはならない自然な成長が 妨げられています。bd_tree14.gif




今は、情報が、簡単に手に入るようになっています。
インターネットを使えば世界中の良いことも悪いことも いろんなことを知ることができます。
先生の知らないこともいっぱい知っている子もいます。
昔の子どもたちのように素直に話は聞いてくれなくなってきていて
先生の影響力が少なくならざるをえないようです。
TVの番組などもバラエティーにとんでいるのはよいですが
子どもの心にも様々な影響をおよぼしています。
それに与えられた情報を無批判に受け入れて記憶し処理することが多くなり、
自分でじっくり考えることが少なくなってきています。

                            tv.gif


昔と違って、お金さえ出せば、欲しいものが手に入りやすくなって
とりあえず身近にあるもので満足できるほど、物質的には豊かになってきています。
工夫して生活したり、お手伝いをする機会も少なくなってきている。
昔のように自分の生活をどうにかしようとか、
親の助けになるように努力しようという気持ちにもなりにくい。
ましてや昔のように社会を良くしたい、日本を良くしたいという気持ちになる子どもたちが
どれだけいるでしょう?
困難な場面に立ち向かい、未来を切り拓いていく力が育ちにくい でしょう。





「良い先生にひとりもあったことがない。」と豪語するほどの
モンスターペアレンツもふえて
昔のように先生を敬うどころか、先生を信頼しなくなってきています。
本来、先生は、親と共に子どもを育てることができるはずなのにそれもできにくくなっています
温かい関係が結ばれないところにほんとうの教育は、成り立たないのではないでしょうか。


まだまだいろんな変化があるとおもいますが、いろんなことを考えてみてもいまの先生たちは
大変な環境の中で教育にたずさわっているとしかいいようがありません。



もちろん先生方には、社会の変化をとらえながら、今までよりいっそうの研修や勉強会をやっていただいて
研鑽していただき、教育効果をあげていただきます。
しかし肝心なのは、教育環境をより良いものに整えていくこと にあると思います。
もっと大きくみますと良き社会がどういうものかを問い直すことから
始めないといけないでしょう。

学校に制度として競争をとりいれたり、先生をランク付けして指導させたりして
仮に少し大阪府の学業成績や体力があがったとしても
まわりがこんな社会でこんな教育環境では、
それが一時的なものであり、持続できる力ではないことが
想像力のある賢い人ならわかってもらえるはずです。
                                  hiyo-2_20120226222700.jpg
ひよっこ親の勉強室の設立
小さい子どもたちの教育には、やっぱり目が届くことが不可欠なことのようです。
あかちゃんがはじまりで 次に保育所、幼稚園。
まだ行動が予測できない間は、しっかりどの子にも目を向けていないといけないでしょう。
生きて行くのに必要な基本的な生活習慣をこの時期にしっかり身につけなければいけません。
まずは、親が、最初の教育者なのですから
子どもを育てることがどういうことなのか?
ほんとうの豊かさは、どういうものか?
どういう子どもに育ってほしいか?・・・
親となる人たちには、社会環境のことなども含め、しっかり考えてもらう機会をつくり、けっして学校まかせにしないで
ひとりの先生としての自覚をもって、子どもたちを教え導いてもらいたいと思います。


府の教育予算を増やし
少人数制を取り入れる。

小学校にあがりますと 本来なら
ある程度、基礎的な生活習慣はついてきていますから
お勉強が始まりますが
この段階では、家庭環境の差や個人差もあり、すぐにはお勉強に取りかかれない子もいます。
小学校こそ、先生の質の高さがもとめられるのではないでしょうか。
お勉強しながら、意欲ある豊かな心を育てなければならないからです。
できれば少人数をたくさんの先生で教育できることが望ましいでしょう。
大阪府が、今まで教育にかける費用が全国でも低かったのは、残念なことだとおもいます。
鉄は熱いうちに打て!ですね。
                                      youti-wakaran.gif

ひよっこと子どもたち 日本の未来を考える会発足
子どもたちと どんな日本であってほしいかを考えていきたいと思います。
未来の子どもたちが悲しむような、住みにくい日本ならないようにしなくてはいけません。

もう物質的な豊かさから、心の豊かさを深めていく時代に
はいってきているのではないでしょうか。
原発事故などを考えてみてもそうですが
消費にはしる物質的な限りない欲望が続く限り、どんどん自然も破壊され、いきものたちとも共存できなくなっていきます。そして人の心を寂しいものにしていきます。
毎日の生活の中で創意工夫しながら、働き、食し
明るく元気に 友やいきものたちと喜びをわかちあいながら生きていくことができれば、幸せをかんじることができるのではないでしょうか。

また日本の美しい自然を大切にし、日本独自の文化や技術を深め、高めていくことが、日本という国を豊かにしていくのかもしれません。
世界でたったひとつの日本をあたためて
日本らしさを日本の素敵なところを発信しながら、世界の人々と
そしてたくさんのいきものたちともなかよくしていければいいなあとひよっこは、思います。。


さて子どもたちはどんな未来を望んでいるのでしょう?

                                     bd_eco12_20120226220903.gif






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教育問題について考える

[ 2012/02/28 08:33 ] 地域情報 | TB(0) | CM(2)
賛同
ひよっこさん、こんばんは^^

現実はすっかり刷り込まれ、長男が通う中学では統制されています。
ひよっこさんの主旨にほぼ賛同いたしますが、僕の見通しでは日本は
沈没する確率が高いと思われます。けれどもそれでは希望がないので
やはり、子どもたちを信じてしっかり育てたいと思います。
会員にして下さいね^^
[ 2012/02/28 20:36 ] [ 編集 ]
こんばんは
賛同していただいてとっても心強いです(^^)

沈没しては困りますねi-195
どうにか流れを変えたいものですi-184
行きつくところまでいかないとわからないようでは
いけませんものね。
ひよっこの声はちいさいですけれども
なかまはあちこちにいるのですよ(*^^)v

すーさんのお子さん、お誕生日おめでとうございます。
おめめのきりりとしたとっても可愛い子。
希望を託したいです!

[ 2012/02/28 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する