FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

鵜殿 葦焼き

DSCF2948_convert_20120320232853.jpg3/8淀川


春を呼ぶ風物詩 淀川の葦焼き


毎年、楽しみにしている葦焼きが今年は始まらない。
長い背高のっぽの葦が、焼かれて舞い上がってはいけないので
あらかじめ根元を刈って準備万端整っていたように思っていたのにね。

3月11日に行われると思っていた葦焼きが中止になったのは、
その前日、だったから?
確か3月11日葦焼きがあるので
この道を通る車は、規制されるという看板が立っていた。

延期の場合には18日。
でもこの日もだったのでできるはずがない。

20日、今日は、まだまだ肌寒いけれど春を感じる良い天気。
あるとしたら、絶対今日!

でもいつもの葦焼きを告げる市のアナウンスもありませんでした。
いつのまにか看板もなくなっていました。



本州最大のヨシの群生地として知られている栃木、群馬、茨城、埼玉の4県にまたがる
渡良瀬遊水地ヨシ焼き は、
東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故による放射性物質の飛散について、
安全性の確証が得られないため、今年も中止することになったらしいです。

枯れたヨシを焼き払うヨシ焼きです。
病害虫の駆除新しい芽が育つのを促すために行なわれてきました。
枯れた植物が残っていくことになるので、それによって、ヨシ原に生育する植物たちの、春の発芽、あるいはそれ以降の成長が抑制されたり、病害虫による生態系の変化が心配になってくるそうです。

そしてもう一つ、ヨシをよしずやかやぶき屋根の材料などとして、全国に出荷してきた地元の産業にも影響しているそうです。
今年のヨシはほとんどが変色した古いヨシのうえ、害虫の影響などで、よしずの材料に使えるものはほとんどなく、刈り取られるヨシは商品にもできず、処分する方法もない状態とか。

放射能物質からの安全性が確保できるのはいつになるのでしょう?
悲しいことです。




まさか淀川の葦焼きでは、放射能の心配はないだろうし
どうなってるのかなあ?と気になって見に行ってきました。

PAP_0543_convert_20120321223629.jpg
土手から随分と淀川の中まで入ってきました。
背高のっぽの葦も刈ってあるので
あたりいちめんが見渡せます。
時々足元から鳥たちが飛び立ちます。

この季節ならひとりで淀川の中に入り込んでも
迷子にはならないなあ。

PAP_0544_convert_20120320233726.jpg
葦も刈り取ってどこかに持って行かれているようです。
これでは燃え広がらないので
去年のような壮大な葦焼きはないのでしょうね。
春一番も吹かないし、葦焼きがないとなんだかとってもさみしいのです。


PAP_0547_convert_20120321225652.jpg

ヨシ刈りだけでは
葦焼きのように地表を完全に露出させられず、肥料となる灰も残すことはできないので残念です。


PAP_0549_convert_20120321220515.jpg
一部分、ロープが張ってありました。
この中は、立ち入り禁止です。
葦が刈り取ったまま寝転がっています。
実験中なのですね。

PAP_0550_convert_20120321221306.jpg

淀川にとっても大切な役割のある葦をまもっていかないといけませんね。
葦良し、よしよし。

PAP_0553_convert_20120321231156.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
にほんブログ村
関連記事

ジャンル : 地域情報
テーマ : 地域情報

[ 2012/03/21 11:30 ] 淀川便り | TB(1) | CM(5)
そうですか・・・
渡良瀬の葦焼きが、放射性物質を飛散させるため、と言う理由でね!
なんと言うことでしょうか。
これ一つだけではなく、日本の生態系を目茶目茶にする事態が、各地で起っています。野も山も、そして河も。その結果海も沿岸から死滅していきます。
実際に千葉の水源地に埋めた汚染灰が、河底に流れ出して東京湾に注がれ、海産物が異常をきたし始めています。恐ろしいことで、私もさすがに黙っておれず、産廃投棄を即中止させるための署名集めに参加しました。

ほんとうに、世界に誇る日本の自然が、こうして経済成長の名のもとに壊されてゆく。たまらない話ですね。

淀川の自然も、守り抜いてほしいですね。
[ 2012/03/24 09:30 ] [ 編集 ]
原発事故の影響は、はかり知れませんね。
ニュースになったりしているのは
ほんと氷山の一角みたいなもので
わたしたちの知らないところでいろんな変化が起こっているのでしょうね。

こんなことが起こっていても まだ原発を推進しょうとする人たちがいるのには
びっくりします。
きっと自分の身に降りかかってないし、自分の身近でそんなことは
起こらないと思っているのでしょうね。

グローバル競争といって
日本をどうにかしなくては
世界に取り残されると
日本の良いところがいっぱいあるのに それに気がつかないでそれを踏みにじって
こんなことしていてはいけませんよね。




[ 2012/03/25 02:20 ] [ 編集 ]
ひよっこあるくさん、こんにちは^^

数千年、或いは数万年続いてきた生態系を、民主主義と資本主義の
名のもとに破壊を続けてまだ150年ほどですが、原発にしてもそれを
容認して来た人が半数以上ではなかったのでしょうか。どんなに正しく
ても少数意見は排他されました。因果応報、ただ今ここに結果がある
だけです。

3・11以降、日本人は自ら歩く道に目覚めるかと思いきや、何も変わらない
現実があるだけです。被災地の方々のように、すべてを失っても変えられる
価値を見出せないのでしょうね。自然と共に歩む道を、模索しながら、今年
は生き方を見定めたいと決意しています。出来ることから、希望へ向かって^^
[ 2012/03/27 11:45 ] [ 編集 ]
す―さんは、自然の懐に抱かれて
自然の厳しさもまともに教えられながらも
活き活きと暮らしていらっしゃいます。

都会に住む多くのひとたちが
忘れてしまった自然と共に歩むことの
すばらしさをどうぞこれからも
素敵なブログで発信し続けてくださいねi-265i-265i-265




生活のための装備が十分に備わった住
人間が自然界に害を与えず、調和した生活を行っている。
人間の健全な発達を促進する。
未来に向けて持続的である。
[ 2012/03/27 23:10 ] [ 編集 ]
コメント途中で発信してしまいました^^
 
生活のための装備が十分に備わった住環境がある。
人間が自然界に害を与えず、調和した生活をすることができる。
人間の健全な発達を促進することができる。
未来に向けて持続的である。

そんなところが日本のあちこちにできていくといいなあ。
[ 2012/03/27 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

まとめteみた【ひよっこ畑のおはなし】
3/8淀川春を呼ぶ風物詩 淀川の葦焼き毎年、楽しみにしている葦焼きが今年は始まらない。長い背高のっぽの葦が、焼かれて舞い上がってはいけないのであらかじめ根元を刈って準備万端整っていたように思っていたのにね。3月11日に行われると思っていた葦焼きが中止に?...
[2012/03/23 09:01] まとめwoネタ速suru