ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鵜殿のヨシ焼き

2月24日(日曜日) 鵜殿のヨシ焼き

9時半ごろには、もうこんなに
空高くもうもうと煙が立ち上がっていました。
DSCF4407_convert_20130226210023.jpg

対岸が見えないぐらい
DSCF4409_convert_20130226210349.jpg

ヨシ原保存会の方や
多くの人に見守られながら
DSCF4411_convert_20130226210956.jpg

DSCF4433_convert_20130226214744.jpg

DSCF4450_convert_20130226220421.jpg

まだ燃えてないところには
どんどん点火していきます
DSCF4440_convert_20130226224355.jpg


DSCF4427_convert_20130226221015.jpg

雲雀がもうがまんできなくなって
舞い上がります。

こんなに離れたところで眺めていても
葦焼きのぬくもり、かおりが伝わってきます。

春を呼ぶ声が聞こえてくるようです。


DSCF4439_convert_20130226231523.jpg

関連記事
[ 2013/02/27 23:57 ] 淀川便り | TB(0) | CM(4)
こんにちは。
スケールの大きい勇壮なヨシ焼きですね!
観光にもなりそうですが、見物客も多いのでは?
ここはヨシの名産地でしょうか。

ところで前回の廃屋を紹介しようと思っていますが、
よろしいでしょうか、また最後の写真を実際に載せていいでしょうか?
[ 2013/02/28 19:11 ] [ 編集 ]
見物客も多いです。
奈良のお水とりのようなものですから
楽しみにしているひとたちがいっぱいいます。

宮中の雅楽の篳篥の蘆舌(リード)は、鵜殿のヨシのみが使われているそうです。
茎の太さや肉の厚み、繊維の密度などの条件を満たしているのは、他の所にはないようで
宮中からわざわざ鵜殿のヨシ原に最高の1本を探しにいらっしゃるようです。

使って頂いてよろしいですよi-179
ほんとは、廃屋所有者?に聞かないといけないのかなあ?
いつの間にか廃屋が有名になっていたらびっくりしますよねi-229

[ 2013/03/01 00:45 ] [ 編集 ]
始めまして!
「鵜殿のヨシ焼き」見物したことがないので、今年は行こうと思っていたのですが・・・
電柱のスピーカーアナウンスで知ったときには手遅れでした
新名神が淀川を渡るところが「リード」のヨシだそうで、宮内庁の方々もヤキモキしているみたいですね
[ 2013/03/03 12:54 ] [ 編集 ]
ようこそ!

わたしも出遅れたのですがi-203
ヨシ焼きは次々に点火していきますので
充分、見ることができましたi-237
遅れてでもよいから
来年は是非見に行ってくださいね^^

ご存知でしたか!
宮内庁が探し求めているリード用のヨシはここにしかないのですね。
新名神がこの上を通るとヨシ焼きができなくなって
ヨシ原の生態系も壊れていきますi-240
鵜殿ヨシ原研究所の方々も雅楽関係者の方々も国交省へ
鵜殿のヨシ原に関係する箇所の建設計画の見直しを求める
請願を署名活動をなさっています。

新名神の橋脚はどこにできるのかなあ?
ヨシ焼きの時だけでも
車を止めるとかできるのかなあ?



[ 2013/03/03 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。