FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

我が家の今年の事件簿

大掃除をはじめましょう。でも今年は、家の一階の掃除は楽なんですよ。

なぜか?

話し始めると長くなりますが、お伝えすることにしましょう。

頼んでいる白蟻業者が、7月に毎年の無料定期点検ということでやってきました。
今回も床下を見て、撮った写真を見せてくれて、こんなにあちこちひびがはいっているから、地震がきたら危ないと言われました。
そして宇宙服にも使ってあるエポキシ樹脂を土台のコンクリートにコーティングすれば補強できます。50万ぐらいです。床の湿気が気になるようでしたら、床下換気扇を取り付ければよいです。それに数万円。また電話しますからということで帰っていきました。

家が地震でつぶれるのはいやです。随分お歳の家ですから、大切にしてあげたい。
でもなにか気になります。

ふと、信頼している方の お兄さんが、建築家だったのを思い出しました。「こんな話をどう思われるかきいてもらえないか」とお願いしましたところ、ご夫婦ですぐに見に来てくださいました。ありがたいことです。

床下の写真を見せてもらいましたが、ひとつもひびなどありません!!
ひどいですよね。

それならということで、あちこち傷んでいるところ、気になるところを直していただくことにしました。

実際に工事してくださったのは、お兄さんの息子さんです。ご本人は、「ぼくは、大工と言われるのには、違和感がある。本物の大工をしっているから。」とおっしゃっていますが、わたしは、りっぱな大工さん、住民がほんとうに住みやすいように親身に考えてくれる家のお医者さんだと思いました。まだお若い方です。将来がほんとうにたのしみな方です。

まずキッチンを対面式にして家の会話が増えました。欲しかった収納庫つき長椅子を作っていただき、休息の場(これも大ヒット。くりをはじめみんながここでいびきをかきながら熟睡)ができました。テレビが置けるかわいらしい棚も作っていただきました。
DSCF1687_convert_20100109144956.jpg DSCF1692_convert_20100109154224.jpg


つぎは、気になっていた洗面所。老朽化して中の床が抜けそうになっている洗面台をとりはずすと、なんと排水管が下の管にちゃんとはまってない!!それで裏の押し入れが湿気てしかたなかったのです。
そればかりかその裏の横木も腐り、おまけに家の大事な柱が外から見てもよくわからないのですが、中はすかすかに白蟻にやられています見つけてもらえてよかった!やっぱり彼は家の良医さんでしょ!
人間でいえば骨粗鬆どころか、骨折です
でもここが一番安全というぐらいに治療してくださいました。

古くなったクロスやフローリングも一新。
というわけで今年は今までになく居心地のよいお正月を迎えられます






関連記事
[ 2009/12/23 08:59 ] 暮らし | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する