FC2ブログ

ひよっこ畑のおはなし

日々のできごと、想い、うれしかったこと、いろんなことを思いついたまま書いていこうとおもいます。

我が家流 梅干し作り

いよいよお弁当に欠かせない梅干し作りが始まりました。
梅は、毎年高槻センター街の八百屋(天庄さん)で購入しています。
今年は、天候不順のためでしょう、梅も不作だそうです。
1㎏1700円と去年よりお値段も少し高いです。

とてもかわいらしい顔をした南高梅
その中でも特に上等と言われている紅梅です。
DSCF3148_convert_20100613072043.jpg



まず梅選びが大切です。
梅干しといえば、南高梅が最高です。肉質も多く柔らかい梅干しができます。
ポイントは見た目黄色から少し赤くなったくらいの、甘酸っぱい桃のような香りのする梅を選びましょう。
今年は、すこし小さい可愛いサイズを選びました。
恥じらいのある梅子さんです(*^_^*)

よく洗った梅を5時間位真水に浸けてあく抜きをします。浸けすぎないようにね。

きれいな手袋で梅を持ち、竹串でへたを一つずつ取っていく。

ざるでにひろげて一晩おくと水は自然に切れます。
水をふくことはありません。
DSCF3149_convert_20100613072144.jpg

ガラス瓶、赤穂の天塩などの粗塩(梅に対しておよそ20%、我が家は弁当用、それにみんなよく汗を出すので多めです。かび防止にもなります。12~18%の間がいいでしょう。)を用意します。
不透明だと中の状態がわかりづらいし、中を確認しやすいので我が家はガラス瓶にしています。
ガラス瓶はあらかじめきれいに洗浄し、熱湯を瓶とふたにまんべんまくかけて殺菌します。乾いたらまた酒で瓶とふたを拭いて殺菌します。これがカビさせない最大のポイントです。

塩と梅を交互にガラス瓶に入れていきます。
下の方より上の方に塩が多くなるように入れていきます。
PAP_0735_convert_20100613230752.jpg
2日目ですが、もう梅酢がこんなにあがっています。
重しをしていませんが、この方法で梅が浸るぐらい充分な梅酢があがってきます。
もし重しをするなら、きれいなビニール袋に水を入れ、破れないように2重にして入れてもよいでしょう。
日の当らない風通しのよいところに置いておきます。
関連記事
[ 2010/06/11 22:39 ] 料理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する